お問い合わせ11:00~18:00
お問い合わせ
電話番号
お薬の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
カテゴリー検索
メーカー検索
重要なお知らせ

アタラックス

アタラックス
アタラックス
アタラックスは、抗アレルギー作用と鎮静・催眠作用の2つの作用を持っている薬になります。 抗アレルギー作用としては、蕁麻疹や皮膚に起こる痒み(発疹や皮膚炎)などを抑えるために用いられ、鎮静・催眠作用は不安や心配事など、心の不具合によって起こる不眠症などの精神的な症状にも使用されます。 アタラックスは複数の作用を持つ薬なので、幅広い治療に用いることが出来ます。
有効成分:ヒドロキシジン塩酸塩25mg
  
アタラックスの詳細
アタラックスの成分ヒドロキシジン塩酸塩は、アレルギー症状の緩和と不安や緊張などを和らげる作用を持った成分になります。
アレルギーを起こす原因は「ヒスタミン」という物質の働きによるものです。
有効成分ヒドロキシジン塩酸塩が、ヒスタミン受容体への結合をブロックすることで蕁麻疹や皮膚への痒みなどを緩和させることが出来ます。
ヒスタミンには脳の覚醒にも関係があるとされ、中枢神経へのヒスタミン結合をブロックすることで脳が覚醒し難い状態となります。
つまり、眠気が起こるので不眠症を改善し睡眠導入剤としても使用することが可能となっています。
中枢神経へのヒスタミンのブロックは、不安や緊張感などを取除くことにも繋がるので、心身ともにリラックスした状態へと導いてくれます。
またアタラックスには「制吐作用」や「鎮静作用」もあるとの報告もあり、吐き気を抑えたり、痛みを軽減させることなども期待出来るとしています。
幅広い治療に使用することが出来るので、日頃から痒みや不眠などの不快感を感じている人にはオススメです。
使用方法
皮膚への痒みなどの場合には、1日1~2錠を服用して下さい。
不安や緊張緩和の場合には、1日3~4回を服用して下さい。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。
副作用
眠気・身体のだるさ・めまいなどの報告を受けています。
⇒詳しくは外部の専門サイトをご確認下さい
併用禁止薬
他の抗不安剤と併用すると、作用を強めてしまう恐れがあったり、副作用がでやすくなります。
また胃薬である「タガメット」と併用すると、同様に作用を強めてしまう恐れがあります。
保管方法
直射日光、湿気をさけ涼しい場所で保管して下さい。
有効成分
ヒドロキシジン塩酸塩25mg
メーカー
発送国
シンガポール

アタラックスの口コミ口コミを投稿する

  • 満足度

    リピート使用中です。 アレルギー緩和効果もありますが、私には眠気がでるため睡眠導入用としてよく使用しています。 苦味などなく、とても飲みやすいです。 副作用もない為、不眠の方にオススメだと私は思います。

  • 満足度

    今まで多くの睡眠薬で試してきたのですが、私には合っています。 皮膚炎のかゆみのせいで寝付く事ができなく、 寝ても何回も起きたりしていましたが、 アタラックスのおかげで朝まで寝れるようになり、とても満足しています。

  • 満足度

    アレルギー性の皮膚炎のかゆみのせいで夜なかなか寝付くことが出来ませんでしたが、これを飲むとかゆみも収まりすっと眠くなるのでとっても助かっています。

口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

TOPに戻る