ゾビラックス
  • ゾビラックス
  • ゾビラックス
  • ゾビラックス
  • ゾビラックス

ゾビラックス

ゾビラックスはGSKファーマ社が開発したヘルペスウイルスの治療薬です。抗ウイルス薬の1種で、白い丸形の錠剤が特徴です。日本ではGSKファーマ社からゾビラックスが販売され、ジェネリック医薬品も様々開発されています。
錠剤や顆粒、軟膏なども販売されており、日本国内では200mg/400mgの2種類が処方されています。
当サイトでは200mg/400mg/800mgの3種類が購入可能です。
ゾビラックスの主成分であるアシクロビルはヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスのDNA複製を阻害し、ウイルスの増殖抑える働きがあります。また、皮膚の病巣の悪化や皮疹の発現を抑制し、血中ウイルス価を減少させる効果があります。
主な副作用は、発疹、腹痛、めまい、頭痛、意識低下などがあげられます。
ゾビラックスの主成分であるアシクロビルは人類初のウイルスに対する薬として開発されました。
  • ヘルペス
  • 単純疱疹
  • 帯状疱疹

有効成分:アシクロビル/Aciclovir 200mg・400mg・800mg

ご注文

ゾビラックス 200mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
25錠
2,500
2,250(901錠あたり
67
カゴに入れる
50錠
5,000
4,050(811錠あたり
121
カゴに入れる

ゾビラックス 400mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
50錠
7,000
6,300(1261錠あたり
189
カゴに入れる
100錠
14,000
11,340(1131錠あたり
340
カゴに入れる

ゾビラックス 800mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
25錠
7,000
6,300(2521錠あたり
189
カゴに入れる
50錠
14,000
11,340(2261錠あたり
340
カゴに入れる

商品詳細

ゾビラックスはGSKファーマ社が開発したヘルペスウイルスの治療薬です。
抗ウイルス薬の1種で、白い丸形の錠剤が特徴です。

日本ではGSKファーマ社からゾビラックスが販売され、ジェネリック医薬品も様々開発されています。
2007年には一般用医薬品として、口唇ヘルペスの再発のみに効く軟膏も販売されています。

錠剤や顆粒、軟膏なども販売されており、日本国内では200mg/400mgの2種類が処方されています。
海外医薬品の個人輸入を行っている当サイトでは200mg/400mg/800mgの3種類が購入可能です。

ゾビラックスの主成分であるアシクロビルはDNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれています。
DNAポリメラーゼとは、ウィルスのDNA複製に関わる酵素のことであり、アシクロビルはDNAポリメラーゼを阻害することにより、ウィルスの増殖を止める効果があります。
アシクロビルはウィルスの増殖を抑制するだけでなく、皮疹の発現を抑えたり、皮膚の病巣の悪化を抑える効果もあります。
ウィルスの少ない発症初期に服用するとより高い効果があり、初期治療により病状の悪化抑えることもできるため治癒も早まります。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスのように単純ヘルペスウィルスや水痘・帯状疱疹ウィルスは細菌とは別の微生物で、細菌よりも小さく、生物の細胞内で皮膚や粘膜に水ぶくれを作り増殖するのが特徴です。

主な副作用は、発疹、腹痛、めまい、頭痛、意識低下などがあげられます。
ヘルペスの再発抑制のためにゾビラックスを使用する場合には、長期的に使用し続けることが必要なため腎機能低下のある方や高齢者には特に注意が必要です。

ヘルペスウイルスは再発が多く、予防が難しい病気ですので常備薬としてもお薦めです。
ゾビラックスの主成分であるアシクロビルは人類初のウイルスに対する薬として、開発したアメリカのガートルード・エリオンはノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

ゾビラックスと同じアシクロビル成分の軟膏タイプアシビルクリームはこちらからご確認ください。
その他メーカーや成分量の異なるヘルペス治療薬はこちらからご確認ください。

商品のご説明には、販売国の商品説明書やアシクロビル - Wikipediaを参考にしています。

服用方法・使用方法

【服用の基礎知識】
単純疱疹(口唇ヘルペス・性器ヘルペス)
服用のタイミング:食事の前後2時間
服用量の目安:1日200mgを5回

水疱・帯状疱疹
服用のタイミング:食事の前後2時間
服用量の目安:1日800mgを5回

症状により服用量や服用回数が異なります。
飲み忘れた場合には、気がついた時点ですぐ1回分を服用してください。
ただし、ただし2回分を一度に服用することはできません。
次の服用の時間が近づいている場合、1回分を空けて服用サイクルを調整するようにしてください。

【服用の際の注意点】
服薬中は普段より多めに水分を補給してください。
めまいやふらつきが現れることがあるため、高所作業や自動車の運転等危険を伴う操作をする際にも注意が必要です。
また、腎障害のある方や、高齢者は精神神経症状などがあらわれやすいため注意が必要です。

【ゾビラックスを服用できない方】
アシクロビルあるいはバラシクロビルに対し過敏症の既往歴のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用は発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下などがあげられます。
黄疸や意識障害などが生じた場合はすぐに服用を中止してください。
重大な副作用には、痙攣やてんかん発作、肝炎などがありますが、副作用発現頻度が明確となる調査は実施されていません。

併用禁止薬

【併用禁忌薬】
現在報告されていません。

【併用注意薬】
併用注意薬は、ゾビラックスと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。
・プロベネシド
アシクロビルの腎臓での排泄が抑えられ、作用が強くなることや副作用が現れやすくなります。

・シメチジン
アシクロビルの排泄が抑えられ、アシクロビルの作用が強まる可能性があります。

・ミコフェノール酸 モフェチル
併用することで両方の薬の効果が強まることがあります。

・テオフィリン
テオフィリンの血中濃度が上がり、作用が強まることがあります。
特に腎機能が低下している高齢者の方は注意が必要です。

服用方法・副作用・併用禁忌・注意については販売国の商品説明書や医療用医薬品:アシクロビルを参考にしています。

保管方法

(1)直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
(2)小さな子の手が届かない場所に保管してください。
(3)誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
(4)1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
(5)表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ミツルさん(32歳)
    最初にヘルペスが出来た時はとりあえず早く治さないとと思い、病院で治してもらいましたが、この前またヘルペスができてしまいました。また病院でっていうのも時間がとれないので、こちらでゾビラックスを初めて買いました。安く手に入るけど、処方せんとか無いので本物かどうか不安でしたが、だいぶ効いてくれて安心しました。
  • テリーさん(23歳)
    昔っからヘルペス持ちで疲れた時にすぐ出ちゃうから常備薬としてとても重宝しています!
  • ぐれたさん(32歳)
    ほんとはEDの薬探してたんですけど。ゾビラックスも興味あったんで買いました。ヘルペスで病院にたまに通ってたけど、こっちの方が安いし。ついでに買えるから便利そうだしね。輸入品って初めてとったけど、パッケージが日本語じゃないくらいであとは普通なんですね。変なのきたらどうしようとか思ったけど、あんしんしました。
  • マサシさん(30歳)
    仕事の繁忙期になると確実と言っていいほどヘルペスができます。繁忙期には寝る時間や体を休める時間が減るためだと思われますが、こうも忙しいときにヘルペスでストレスがたまるのが本当に悩みです。こちらの商品は知人から教えてもらいました。ゾビラックスを使ってからはヘルペスの対処がしかっりとできるようになっています。ありがたいです。
  • 椿さん(34歳)
    ヘルペスになってからゾビラックス定期的に購入してます。いつもはスマホで注文しているのですが、液晶が割れて操作しづらくなったので仕方なく電話注文にしました。対応してくれたオペレーターさんが親切に案内してくれたので、スムーズに注文できました。いつもブクマしたとこから注文してたけど、たまには電話も悪くないかな。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ