レメロン・ジェネリック
  • レメロン・ジェネリック
  • レメロン・ジェネリック
  • レメロン・ジェネリック

レメロン・ジェネリック

更新日:
特徴
レデプラはMustafa Nevzat社が開発した、うつ病の治療薬です。
日本でも処方されているレメロンのジェネリック医薬品で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。

効果
レデプラの主成分であるミルタザピンは、抑うつ状態を改善する働きがあります。
NaSSAと呼ばれる新しいタイプの抗うつ剤で、強力な効果と即効性がある薬です。

副作用
主な副作用は、体重増加、けん怠感、胸痛、疲労、精神神経障害、消化器障害、循環器障害、血液障害、肝臓機能障害などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは15mg/30mgが購入可能です。
  • NaSSA
  • うつ病

有効成分:ミルタザピン/Mirtazapine 15mg・30mg

ご注文

レメロン・ジェネリック 15mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
3,000
2,700(961錠あたり
81
カゴに入れる
56錠
6,000
4,860(861錠あたり
145
カゴに入れる

レメロン・ジェネリック 30mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
5,000
4,500(1601錠あたり
135
売切れ

レメロン・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
カンジさん(25歳)
学生の頃から人と関わるのが苦手で、人と関わることを避けてきました。仕事もなるべく人と関わらないような仕事をしていたのですが、結局、人間関係が原因で辞めてしまいました。自分なりには精一杯頑張っていたけど、家族にも「そんなことで辞めたの?」とか「甘えるな」とか言われて、その時からその言葉がずっと頭にあって、引きこもり、不眠症になってしまいました。まだうつ病ではないのですが、うつ病に近い症状なのでレメロン・ジェネリックを飲んでます。そのおかげで、少しづつですが眠れるようになり、症状も良くなってます。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

レデプラの特徴
レデプラはMustafa Nevzat社が開発した、うつ病の治療薬です。

日本でも処方されているレメロンのジェネリック医薬品で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。

レデプラの効果
レデプラの主成分であるミルタザピンは、セロトニンとノルアドレナリンを増加させ抑うつ状態を改善する働きがあります。

心を落ち着かせるセロトニンや、意欲を高めるノルアドレナリンなどの神経伝達物質が減少することがうつ病を引き起こす原因となります。

従来の抗うつ剤はセロトニンなどの神経伝達物質が再吸収されるのを抑えて抑うつ状態を改善する薬が主流でしたが、ミルタザピンは神経伝達物質そのものの分泌量を増加させます。

ミルタザピンは脳に存在するα2受容体の働きを抑え、セロトニンとノルアドレナリンの分泌量を増やすことで精神安定の効果を発揮します。

レデプラは作用が異なるほかの抗うつ剤との併用が可能な薬で、併用することで相乗効果が期待できます。

レデプラの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは、15mg/30mgの購入が可能です。

その他
レメロンと同等の効果をもちながら、レメロンに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

抗うつ剤の中でも強力な効き目を持つ薬になるのでリスクとベネフィットをしっかりと考慮したうえで服用してください。

レデプラの関連ページ
うつ病治療薬一覧
うつ病薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ミルタザピン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
就寝前

レデプラは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで扱っているレデプラの用量は15mg/30mgの2つですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1日15mgを初期用量として服用し、その後15~30mgを1日1回服用してください。

45mgまで増量できますが、年齢、症状によって適宜増減してください。

増量する場合は1週間以上の間隔をあけて15mgづつ増量してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
ミルタザピンの服用は必要最小量であることが推奨されているため、よく観察を行いながら服用してください。

服用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用の注意点
・肝臓機能障害のある方は障害が悪化する恐れや、本剤のクリアランスが低下する恐れがあります。

・腎臓機能障害のある方は本剤のクリアランスが低下する恐れがあります。

・自殺願望や自殺企図があったり既往歴のある方は、自殺願望や自殺企図が生じる恐れがあります。

・躁うつ病の方は自殺願望が生じる恐れがあります。

・統合失調症や脳の器質障害のある方は精神症状が悪化する恐れがあります。

・てんかんなどの痙攣性疾患の方や既往歴のある方は痙攣を引き起こす恐れがあります。

・心疾患や低血圧の方は症状が悪化する恐れがあります。

・QT延長やその既往歴のある方や、低カリウム血症の方はQT延長や心室頻拍を引きおこす恐れがあります。

・緑内障や眼内圧亢進の方は症状が悪化する恐れがあります。

・排尿困難な方は症状が悪化する恐れがあります。

・高齢者の服用は血中濃度が上昇する恐れがあるため慎重な服用が必要です。

・めまいや眠気が生じる場合があるため、自動車の運転などは控えてください。

・急激な減量や服用中止は強い離脱症状が生じる恐れがあります。

・集中力、注意力、反射運動能力の低下や眠気が生じる場合があるため、自動車の運転などは控えてください。

・突然の服用の中止は、不安、興奮、焦燥感、めまい、頭痛、錯覚、悪心などが生じる恐れがあるため、突然の服用中止は避け、観察を行いながら徐々に減量してください。

レデプラを服用できない方
・ミルタザピンを含む医薬品の服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・モノアミン酸化酵素阻害剤を服用中や服用中止後2週間以内の方

・QT延長症候群の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、体重増加、けん怠感、胸痛、疲労、精神神経障害、消化器障害、循環器障害、血液障害、肝臓機能障害などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、セロトニン症候群、無顆粒球症、好中球減少症、痙攣、黄疸、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、QT延長、心室頻拍などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

セロトニン症候群とは?
セロトニン症候群は、抗うつ薬などを服用中に脳内のセロトニン濃度が過剰になってしまうことによって起こる副作用です。
主な症状は、体温の上昇、心拍数の増加、振戦、筋強剛、混乱、錯覚などです。
セロトニン症候群は、悪性症候群(NMS)にくらべ、副作用の発現が速いので、これらの症状や以上を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、レデプラと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・モノアミン酸化酵素阻害剤、セレギリン塩酸塩
セロトニン症候群が生じる恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、レデプラと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・CYP3A4阻害剤、HIVプロテアーゼ阻害剤、アゾール系抗真菌薬、エリスロマイシン
ミルタザピンの効果が強まる恐れがあります。

・鎮静剤、ベンゾジアゼピン系薬剤
ミルタザピンの効果が強まる恐れがあります。

・アルコール
鎮静作用が強まる恐れがあります。

・ワルファリン
プロトロンビン時間が増加する恐れがあります。

・セロトニン作用薬
セロトニン症候群が生じる恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : レメロン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • カンジさん(25歳)
    学生の頃から人と関わるのが苦手で、人と関わることを避けてきました。仕事もなるべく人と関わらないような仕事をしていたのですが、結局、人間関係が原因で辞めてしまいました。自分なりには精一杯頑張っていたけど、家族にも「そんなことで辞めたの?」とか「甘えるな」とか言われて、その時からその言葉がずっと頭にあって、引きこもり、不眠症になってしまいました。まだうつ病ではないのですが、うつ病に近い症状なのでレメロン・ジェネリックを飲んでます。そのおかげで、少しづつですが眠れるようになり、症状も良くなってます。
  • パズさん(28歳)
    うつ病が治った今も時々使っています。うつ病も治り、社会復帰もしたのですが、時々不安とか焦りなどが一気に出てきて、落ち着かないときがあるので、その時にレメロンジェネリックを飲んでます。不安が吹き飛ぶとかではなく、冷静な自分に戻れることができ助かってます。あと、安眠できるようになったので、体調もよくなりました。
  • 城田さん(36歳)
    仕事のストレスのせいなのか、一旦眠れても夜中に起きてしまい、そこから眠れずに朝を迎えて結局寝不足という生活が続いていて、疲れも取れないので仕事のミスも増えてしまっていました。なんとか朝まで眠りたくてレメロン・ジェネリックを買って飲んでみたのですが、思ったよりも効いてくれて久しぶりにスッキリとした朝を迎える事ができてとてもうれしかったです。
  • 武彦さん(28歳)
    仕事で大きな失敗をしてすごく落ち込んで、結局会社を辞めました。そのタイミングで彼女にも振られてしまったのでダブルパンチで全然眠れなくなってしまいました。失業保険をもらってはいましたが、なるべく医療費にお金をかけたくなかったので不眠を改善してくれるというレメロン・ジェネリックを通販で買ってみました。ほんとに効くのかなと思いながら飲んでみたらすごくひさしぶりに眠る事ができたのでとっても助かりました。
  • なるさん(28歳)
    病院に行くことがつらくなり薬だけの処方もしてもらえないので、レメロンジェネリックを通販で購入しています。薬を切らしていた時はなにかしらの不安があり、いつも落ち着かない状態だったのですが、レメロンジェネリックを服用してからは精神的に安定してます。カウンセリングが負担になっている人などは一度病院を離れて、薬は通販で購入という手もありますよ。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ