お問い合わせ11:00~18:00
お問い合わせ
電話番号
お薬の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
カテゴリー検索
メーカー検索
重要なお知らせ

コリン

コリン
コリン
コリンは、脳と循環器系の機能と細胞の補修に重要な役割を担っている栄養素です。 アセチルコリンという、血管を拡張させて血管の内側へのコレステロールの付着を防ぐ物質をはじめ、肝脂肪の排出を促進させる物質レシチンを作ります。 コリンを服用することで、脂肪の代謝が高まり、体内における老廃物の排出が滞りなく行われるようになり、コレステロールのバランスが正常に保たれます。 また、脳内神経物質であるアセチルコリンの材料になる事から、欧米ではスマートドラッグとして活用されており記憶力や集中力の向上に効果的です。
有効成分:コリン500mg
コリンの詳細
コリンは1862年に発見された栄養素で、脳の機能と細胞膜の補修に必要不可欠といった存在です。
1998年には、米国医学研究所の食品栄養委員会により、必須栄養素として認定されました。
コリンには、アセチルコリンやレシチンの生成を助ける役割があり、記憶力や集中力の向上に効果的です。
血管の内側「内壁」と呼ばれる部位へと付着するコレステロールは血管を詰まらせ、心筋梗塞や動脈硬化といった、深刻な病気に関わる物質です。
アセチルコリンは血管を拡張させる働きがあり、血管に付着したコレステロールの排出をサポートします。
また、同じくコリンによって生成されるレシチンは、学習や記憶といった脳の機能を保つために必要な物質ですが、こちらも脂質を代謝させる働きがあることで知られ、肝脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。
肝脂肪が蓄積することで、狭心症や心筋梗塞といった心疾患への合併が誘発されてしまうので、コレステロールと同じく、成人病の根源とも言えます。
コリンはこれらの症状に働き掛けるだけではなく、元来は認知能力といった「脳の機能」に働きかける栄養素ですので、特に中年を過ぎた方々には積極的にサプリメントとして摂取されることをオススメします。
使用方法
1日1~4錠を食後に服用して下さい。
効果や条件に応じて、摂取量を増減して下さい。
※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。
副作用
副作用の報告はありません。
併用禁止薬
ピラセタムと同時服用する事で、脳機能の向上がアップします。
保管方法
高温多湿を避け、涼しい場所で保管下さい。
有効成分
コリン500mg
メーカー
発送国
シンガポール

コリンの口コミ口コミを投稿する

  • 満足度

    頭がスッキリし、記憶力、集中力が上がりました。 おすすめです! 朝と夜、使用しています。

  • 満足度

    最近、頭に切れが無くなったと思い購入しました。 なかなか良いぞ!みたいな印象です。 飲み続けたいと思います。

  • 満足度

    頭がスッキリします。 ミスが減り、記憶力も良くなりました。

口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

TOPに戻る