ビクシリン・ジェネリック
  • ビクシリン・ジェネリック
  • ビクシリン・ジェネリック

ビクシリン・ジェネリック

更新日:
特徴
ビクシリン・ジェネリックはザイダスカディラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
主に梅毒の治療に用いられます。
ビクシリンのジェネリック医薬品で、250mgは青色で500mgはオレンジ色のカプセル型が特徴です。

効果
ビクシリン・ジェネリックの主成分であるアンピシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

副作用
主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
  • 淋菌
  • 梅毒
  • 赤痢菌
  • 咽頭炎
  • 麦粒腫
  • 副鼻腔炎

有効成分:アンピシリン/ Ampicillin 250mg・500mg

ご注文

ビクシリン・ジェネリック  250mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
6,000
4,800(481錠あたり
144
カゴに入れる

ビクシリン・ジェネリック  500mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
8,000
6,400(641錠あたり
192
カゴに入れる

ビクシリン・ジェネリック を使用したお客様の声

良い評価
ヒカルさん(26歳)
日本で未承認の薬なので、手に入らないんだろうなって諦めてました…。それがまさか、通販で買えるなんて!売り切れないうちにと思って、見つけて即効買いました(笑)しぶしぶ病院に行こうか迷っていたタイミングだったので、助かりました。正直、自分の不注意で移されちゃったので恥ずかしくて病院に行けないです。なのに強烈な痛み。まだかまだかと商品を待っていたら、早めに届きました。今じゃ症状も完治。きちんと効果のある薬で良かった!
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ビクシリン・ジェネリックの特徴
ビクシリン・ジェネリックはザイダスカディラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。

主に梅毒の治療に用いられます。

ビクシリンのジェネリック医薬品で、250mgは青色で500mgはオレンジ色のカプセル型が特徴です。

ビクシリン・ジェネリックの効果
ビクシリン・ジェネリックの主成分のアンピシリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。

細菌を構成する細胞には一番外側に細胞壁という部分があります。

細胞壁を失うことで細菌は自らの形状を維持できなくなり死滅します。

細菌が細胞壁を生成するためにはペプチド転移酵素という物質が必要です。

アンピシリンはこのペプチド転移酵素に結合することで細胞壁を生成する働きを抑えます。

結果的に細胞壁が破壊され、細菌の増殖を抑えられ死滅と抗菌に効果があります。

主に梅毒の治療に用いられますが、他にも淋病、ものもらい、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎、咽頭炎、肺炎、中耳炎などの細菌感染症にも適応があります。

ビクシリン・ジェネリックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは250mg/500mgの2種類の購入が可能です。

その他
ビクシリンと同等の効果をもちながら、ビクシリンに比べてはるかに価格を抑えて購入することができ、コストパフォーマンスに優れています。

ビクシリン・ジェネリックは時間依存性の抗生物質であるため、1日数回の服用が必要になります。

ビクシリン・ジェネリックの関連ページ
淋病治療薬一覧
淋病薬

梅毒治療薬一覧
梅毒薬

アメーバ赤痢薬一覧
アメーバ赤痢薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アンピシリン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
ビクシリン・ジェネリックは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているビクシリン・ジェネリックの用量は250mg/500mgの2つがありますが、500mgはピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1回250~500mgを1日4~6回服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
1回250~500mgを1日4~6回経口投与することが推奨されています。

しかし、年齢、症状に応じ適宜増減してください。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ビクシリン・ジェネリックを服用できない方
・ペニシリン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方

・アンピシリンに対してショックの既往歴のある方

・伝染性単核症の方

・発疹や蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質の方

・高度の腎臓障害のある方

・経口摂取の不良な方

・高齢者

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心、食欲不振などがあげられます。

頻度不明な重大な副作用として、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、無顆粒球症、溶血性貧血、急性腎不全、大腸炎などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ビクシリン・ジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・避妊薬
避妊薬の効果が弱まる可能性があります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ビクシリン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ヒカルさん(26歳)
    日本で未承認の薬なので、手に入らないんだろうなって諦めてました…。それがまさか、通販で買えるなんて!売り切れないうちにと思って、見つけて即効買いました(笑)しぶしぶ病院に行こうか迷っていたタイミングだったので、助かりました。正直、自分の不注意で移されちゃったので恥ずかしくて病院に行けないです。なのに強烈な痛み。まだかまだかと商品を待っていたら、早めに届きました。今じゃ症状も完治。きちんと効果のある薬で良かった!
  • 中田さん(32歳)
    仕事が忙しくって、最近やっと落ち着いたので、久々に風俗でも行こうかなといったら性病みたいなのうつされました。痒くて、中々治まらないのでここで買いました。届くまでは、痒みに耐えるのちょっときつかったけど、使ってからは良くなってくれたのでとりあえずひと安心です。今度行く時はちゃんとした所に行こう・・。
  • Nさん(29歳)
    アソコがかゆくて病院で薬もらって完治したと思ったけど、まだかゆくなって薬を注文しました。届くまでに時間がかかったから、また病院に行ったんですけど、たまに痒くなるから、まぁいっか。常備薬として持ってて安心。
  • ニシさん(39歳)
    合コンで知り合った女の子をお持ち帰りしてからなんかアソコがかぶれてるみたいで。かゆいし、膿っぽいのも出ててなんか貰ったみたい。病院は行けない事情があるからコレで治療。飲んで3日くらいで治まってきたかな?ほんとついてないよ。遊ぶなら気をつけなきゃいけないね。
  • とろろさん(45歳)
    いい年して風俗店で性病をもらってきてしまいました。20代の頃にも一度感染したことがあり病院で診察を受けた経験があるので「もしかして」とすぐ気づくことができましたが、さすがにこの年で病院へ行くには気が引けます。そこで頼ったのがED治療薬でお世話になってるお薬なびでした。このサイトは「かゆいところに手が届く」というか、ピンポイントで欲しい薬を扱っていてくれるから本当に助かります。今回買った薬も問題なく効いてくれました。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ