フルニル(プロザック)
  • フルニル(プロザック)
  • フルニル(プロザック)
  • フルニル(プロザック)

フルニル(プロザック)

特徴
フルニルはインタスファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。
プロザックのジェネリック医薬品で、緑色のカプセル型が特徴です。

効果
フルニルの主成分である塩酸フルオキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です。
脳内のセロトニンが不足したことによるうつ症状を、セロトニンの働きを強める事で改善します。

副作用
主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mg/20mgが購入可能です。
  • 【SSRI】
  • うつ病

有効成分:塩酸フルオキセチン/sertraline hydrochloride 10mg・20mg

ご注文

フルニル(プロザック) 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
2,500
2,250(221錠あたり
67
カゴに入れる
200錠
5,000
4,050(201錠あたり
121
カゴに入れる
300錠
7,500
5,400(181錠あたり
162
カゴに入れる

フルニル(プロザック) 20mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,500
3,320(331錠あたり
99
カゴに入れる
200錠
7,000
6,300(311錠あたり
189
カゴに入れる
300錠
10,500
8,960(291錠あたり
268
カゴに入れる

商品詳細

フルニルの特徴
フルニルはインタスファーマ社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。

プロザックのジェネリック医薬品で、緑色のカプセル型が特徴です。

フルニルの効果
フルニルの主成分である塩酸フルオキセチンは、SSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害剤です

うつ病ではセロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが弱ってしまっています。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、心の安定や安らぎをもたらせ、心のバランスを保つ役割を担っています。

セロトニンが不足してしまうと心のバランスが取れなくなり、不安感や悲観的な気分、眠れない、イライラしてしまいやすくなるなどの症状が現れます。

塩酸フルオキセチンは、不足したセロトニンの働きを強めることで、心のバランスを保つことができるようになり、不安感や悲観的などの感情が前向きになり、うつ症状が改善されます。

フルニルの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mg/20mgの購入が可能です。

その他
主成分である塩酸フルオキセチンは、うつ病や不安障害の他、パニック障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害の治療薬としても用いられています。

フルニルの関連ページ
抗不安薬の商品一覧
不安障害・抗不安薬
うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
フルオキセチン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回朝食後に服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

服用量の目安
当サイトで扱っているフルニルの用量は10mg/20mgです。

1回20mgより開始し、1日80mgまで増量できますが、80㎎を超えない範囲で服用量を調節してください。

推奨用量
推奨されている服用量は症状の種類や状況によって異なります。

服用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

フルニルを服用できない方
・フルニルの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・MAO阻害剤を服用している方

・ピモジドを服用している方

・24歳未満の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹、倦怠感などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、アナフィラキシーショックセロトニン症候群などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※セロトニン症候群とは?
セロトニン症候群は、抗うつ薬などを服用中に脳内のセロトニン濃度が過剰になってしまうことによって起こる副作用です。
主な症状は、体温の上昇、心拍数の増加、振戦、筋強剛、混乱、錯覚などです。
セロトニン症候群は、悪性症候群(NMS)にくらべ、副作用の発現が速いので、これらの症状や以上を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、フルニルと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・MAO阻害剤
セロトニン症候群があらわれることがあります。

・ピモジド、チオリダジン
QT延長,心室性不整脈などの心血管系の副作用が発現するおそれがあります。

併用注意
併用注意薬は、フルニルと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
セロトニン症候群などの、セロトニン作用による症状があらわれるおそれがあります。

・三環系抗うつ剤、イミプラミン塩酸塩、リスペリドンなど
これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。

・止血を妨害する薬物、アスピリン、ワルファリン
出血反応のリスクを増加させる可能性があります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
DailyMed - PROZAC WEEKLY- fluoxetine hydrochloride capsule, delayed release

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ドレイクさん(28歳)
    不安障害で、何かしてても、何もしてなくても、常に不安が付きまといます。正直この薬を買うまでに結構時間を使いました。なんでこんなに安いの?とか偽物じゃないの?とかいろいろ考えすぎて買うまでに至りませんでした。それを知ってた母が後押ししてくれて、とりあえず買うことができました。飲み始めて最初の内はもちろん不安だらけで体に悪くないのかなって考えたりしましたが、今は前よりも症状が良くなっていて、あの時飲んでよかったと思っています。
  • 吉君さん(34歳)
    安かったので買いました。フルニルを使い始めてしばらくは、胃腸の調子が悪くて吐きそうになったこともあったのですが、1ヵ月くらいしたらおさまってました。吐き気って言ってもこみ上げる感じじゃなくて、吐きそうな気がしそうなしなさそうな・・・微妙な感じです。一応続けてみたけど、いまは落ち着いてきてるんでほっとしてます。
  • 妹尾さん(31歳)
    不安障害持ち。医者は正直合う人がいない。見つからないだけかもですが今はこれがあるからなんとかなってます。ネットで便利に買えるからいいけどね。
  • 喜久子さん(40歳)
    不安性障害と診断されてから、早2年が経ちました。薬に頼らず自力で治療を続けていた時期もあったのですが、やはり根本的な治療には薬が必要だと思い、久々に薬を購入しました。フルニルは以前も使っていたので、使用に不安はなかったです。薬を飲んでいるときの方が、体調がいいです。気持ちが安定するからかな。当分使い続けると思います。
  • イチゴミルクさん(26歳)
    長い事過食症で悩んでいました。尋常じゃないくらいに食べまくって食べまくって、後で吐くの繰り返し。家族にばれないようにするのも大変で、なんとかごまかして生活していました。でもあんまり吐くのを続けていると手に吐きダコもできてしまうのでそろそろ何とかしたくてフルニル買ってみました。これでなんとか治ってほしい・・と思いながら飲み続けていたらだんだんドカ食いしなくなってきました。とっても嬉しいです。このまま飲み続けてみます。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ