フラジール(メトロニダゾール)
  • フラジール(メトロニダゾール)
  • フラジール(メトロニダゾール)
  • フラジール(メトロニダゾール)

フラジール(メトロニダゾール)

特徴
フラジールはサノフィ社が開発したトリコモナス感染症の治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているフラジールは、サノフィ社が製造・販売している正規品です。

効果
フラジールの主成分であるメトロニダゾールはトリコモナス原虫のDNAを切断し、殺虫作用を発揮します。
また、アメーバ赤痢、ピロリ感染症、深在性皮膚感染症など多くの感染症に効果があり、耐性菌も生まれにくい優秀な薬です。

副作用
主な副作用は、発疹、そう痒症、しびれ感、消化器障害、肝臓障害などあげられます。

成分量
日本国内においては250mgが処方されています。
当サイトでは500mgが購入可能です。
  • トリコモナス症
  • 腹膜炎
  • 感染性腸炎

有効成分:メトロニダゾール/Metronidazole 500mg

ご注文

フラジール(メトロニダゾール) 500mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
20錠
2,500
2,250(1121錠あたり
67
カゴに入れる
60錠
7,500
6,080(1011錠あたり
182
カゴに入れる
100錠
12,500
9,000(901錠あたり
270
カゴに入れる

商品詳細

フラジールの特徴
フラジールはサノフィ社が開発したトリコモナス感染症の治療薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。

フラジールの効果
フラジールの主成分のメトロニダゾールは、人の免疫作用だけでは治療ができないトリコモナス原虫という微生物の殺虫に効果があります。

トリコモナス原虫をはじめとした感染症を引き起こす微生物はDNA(デオキシリボ核酸)という物質を持っています。

メトロニダゾールは体内でニトロソ化合物という物質に変化し、DNA合成を阻害し、抗原虫・抗菌作用を発揮します。

さらに微生物のDNAの二重鎖を切断し、機能障害を起こすことで分裂増殖を抑え、細胞傷害活性があるため殺菌作用も持ち合わせます。

トリコモナス感染症の他にも、嫌気性菌感染症、感染性腸炎、細菌性腟症、ヘリコバクター・ピロリ感染症、アメーバ赤痢など多くの感染症の治療に効果があります。

フラジールの成分量
日本国内において、250mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは500mgの購入が可能です。

フラジールの開発史
主成分のメトロニダゾールは1961年に販売された歴史ある治療薬で、欧米では嫌気性菌などにも広く用いられていました。

日本ではトリコモナス症の特効薬であり第一選択薬として使用されていましたが、トリコモナス感染症の治療薬としてしか認可されていなかったため適応症が少なく、使用頻度の低い薬でした。

しかし2007年以降に段階的に適応症が追加され、現在ではランブル鞭毛虫、赤痢アメーバなどの原虫類や各種嫌気性菌に対しても、広く使用されています。

その他
主成分のメトロニダゾールは耐性菌が生まれにくく、副作用も少ない安全性の高い薬です。

フラジールの関連ページ
トリコモナス治療薬一覧
トリコモナス薬

アメーバ赤痢治療薬一覧
アメーバ赤痢薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
メトロニダゾール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
フラジールは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているフラジールの用量は500mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

トリコモナス症の治療の場合、1回250mgを1日2回、10日間服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

途中で服用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。

その他の感染症の治療で服用する際は服用量が異なるので参考サイトをご確認ください。

推奨用量
成人には、1回250mgを1日2回、10日間経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

フラジールを服用できない方
・メトロニダゾールが含まれた医薬品の服用や服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・血液疾患のある方

・脳膿瘍の方

・肝臓機能障害のある方

・脳、脊髄に器質的疾患のある方

・妊娠3ヵ月以内の方

・妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、そう痒症、しびれ感、消化器障害、肝臓障害などがあげられます。

頻度不明な重篤な副作用として、皮膚粘膜眼症候群、末梢神経障害、中枢神経障害、無菌性髄膜炎、急性膵炎、出血性大腸炎などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、フラジールと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・アルコール、リトナビル含有製剤
血中アセトアルデヒド濃度が上昇する恐れがあります。

・ジスルフィラム
錯乱症状が生じる恐れがあります。

・ワーファリン
ワーファリンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・リチウム
リチウム中毒が生じる恐れがあります。

・ブスルファン
ブスルファンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・5-フルオロウラシル
5-フルオロウラシルの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・シクロスポリン
シクロスポリンの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・フェノバルビタール
フラジールの血中濃度が低下する恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : フラジール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • 由紀子さん(28歳)
    遊んでいた男がトリコモナスになったって連絡きて速攻買いました。 届くのに結構時間がかかるんですね。。 少しキレそうです。
  • まりさん(25歳)
    以前トリコモナスになった時に購入したものがあったのでまた使用して治療しました。 本当に助かりました。 産婦人科にはあまり行きたくなかったので。
  • ソニンさん(32歳)
    ついにトリコモナスにかかってしまった。 これで性病何回目なんだろう…。 もらいやすい体質なんでしょうかね。
  • メロンパンナさん(38歳)
    抗菌薬なんて売ってるんだ!以前にトリコモナスになったとき… 近くに医者がなかったから通院するのが大変で。。 もう一生なりたくないけど…念のため購入しておきます
  • みゆさん(23歳)
    トリコモナスの治療のために通院してたのですが仕事が忙しくて通院が厳しくて通販で治療薬を買えることを知ってからこちらを利用しています。とても便利ですね。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ