デパス
  • デパス

デパス

更新日:
特徴
デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているデパスは、田辺三菱製薬が製造・販売している正規品です。

効果
デパスの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。
その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。
効果の持続時間は6時間です。

副作用
主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。
当サイトでは1mgが購入可能です。
  • 不安障害
  • 心身症
  • うつ病
  • 睡眠障害
  • 腰痛症

有効成分:エチゾラム/Etizolam 1mg

ご注文

デパス 1mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
10,000
9,500(951錠あたり
285
売切れ

商品詳細

※エチゾラムを含む商品は薬機法(旧:薬事法)で輸入禁止の対象となりました。
抗不安薬をお求めの方は、下記の代替え商品をご検討ください。


バスピン
バスパー
デパス同様に抗不安・催眠・抗うつ効果を改善するアザピロン系の抗不安薬です。

セディール
新しい系統の抗不安薬で、不安の基を狙い撃ちするアザピロン系の抗不安薬です。

ソナタジェネリック
睡眠と鎮静が高い非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

デパスの特徴
デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。

デパスの効果
デパスの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせてくれます。

うつ病や神経症などの精神的に不調な症状はもちろん、心身症など体の不調の症状などにも使われており、多様性の高い抗不安薬となっています。

その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれ、さらに筋弛緩作用では肩こりや腰痛などの症状も緩和させてくれます。

万能薬として各診療科で様々な病気に使われています。

デパスの成分量
日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは、1mgの購入が可能です。

その他
国内で抗不安薬といえばセルシンでしたが、1984年に販売が始まったデパスは効果が高いことから第一選択薬として扱われています。

デパスの関連ページ
下記症状に関連する商品一覧
不安障害・抗不安薬
不眠症・睡眠薬
うつ病治療薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
エチゾラム - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
デパスは短時間型の睡眠薬です。

睡眠薬として服用する場合は30分~1時間ほどで効果が現れますので就寝直前に服用してください。

抗不安薬として服用する場合は1日3回に分けて服用してください。

服用量の目安
当サイトで扱っているデパスの用量は1mgです。

1回1錠1mgを服用してください。

初めて服用する場合はピルカッターなどで半錠にし0.5mgから始めてください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
・不眠症の場合
通常成人であればエチゾラム1日1~3mgを就寝直前に1回服用してください。

・うつ病、神経症の場合
通常成人であればエチゾラム1日3mgを3回に分けて服用してください。

・心身症、腰痛症、筋収縮性頭痛、頸椎症の場合
通常成人であればエチゾラム1日1.5mgを3回に分けて服用してください。

年齢や症状により適宜増減しますが、高齢者の1日の最大量は1.5mgまでとしています。

食事の影響
食事と同時、もしくは食事直後にデパスを服用すると睡眠作用が弱まることがあるので避けてください。

アルコールの影響
精神、運動、知覚機能が低下するおそれがあるため、アルコールとの併用は避けてください。

デパスを服用できない方
・エチゾラムを含む医薬品の服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・重症筋無力症の方

・急性狭隅角緑内障の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感、頭痛、動悸、立ちくらみ、口渇、悪心、発疹、蕁麻疹などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、依存性、呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス、悪性症候群、横紋筋融解症、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※悪性症候群とは?
抗精神病、抗うつ薬と併用した場合や急激に服用を中止した場合、意識障害、発汗、頻脈、不随意運動、筋肉の強張りなどの症状が生じること。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、デパスと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体等)
眠気、血圧低下、意識障害、運動失調などを起こす恐れがあります。

・フルボキサミンマレイン酸塩
エチゾラム錠の血中濃度が上昇する恐れがあります。

・MAO阻害剤
昏睡、興奮、けいれん発作、昏睡、過鎮静などが生じる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : デパス

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん(40歳)
    精神的に疲れていて、家と仕事の往復がやっとの状態の時に、飲み始めたのがデパスです。 常用ではなく頓服として使っているのですが、飲むと落ち着くのでプライベートでな外出もできるようになりました。 飲んでいないと苦しい時は全然あるので、根本的な解決になっているかは分かりません。 今の私にはなくてはならない薬です。
  • 匿名希望さん(40歳)
    うつ病が原因の不眠に悩まされていましたが、就寝前にデパスを飲んで寝るようになりました。 今まではサイレースという睡眠薬を飲んでいたのですが、 効果がまちまちで、私はデパスの方がぐっすり眠れるので、 とても効果を感じています。
  • 匿名希望さん(40歳)
    この手の薬は今まで全く使用した事がなかったので、 どうせおまじないみたいなもんだろう・・・っと半信半疑で購入しましたが、 これほど効果があるとは驚きです。 どんなに嫌な事があっても、これのおかげでいつも平静でいられるので、 使用方法を間違えなければ、非常にいい薬なのは間違えないですね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    いいね。
  • 匿名希望さん(40歳)
    いろいろストレスが重なるとうつ症状がすぐに出てしまうのでデパスには助けられています
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ