ミノマイシン・ジェネリック
  • ミノマイシン・ジェネリック
  • ミノマイシン・ジェネリック
  • ミノマイシン・ジェネリック

ミノマイシン・ジェネリック

特徴
ディヴァインはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
クラミジアや淋病などの性感染症の治療のほか、ニキビの治療にも用いられます。
先発薬であるミノマイシンのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。

効果
ディヴァインの主成分であるミノサイクリンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。

副作用
主な副作用は、めまい、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは50mg/100mgの2種類が購入可能です。
  • クラミジア
  • 淋菌
  • 梅毒
  • 赤痢菌
  • マイコプラズマ
  • ニキビ治療

有効成分:ミノサイクリン/ Minocycline 50mg・100mg

ご注文

ミノマイシン・ジェネリック 50mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
10錠
1,500
1,420(1421錠あたり
42
カゴに入れる
30錠
4,500
3,830(1271錠あたり
114
カゴに入れる
50錠
7,500
5,680(1131錠あたり
170
カゴに入れる

ミノマイシン・ジェネリック 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
10錠
2,000
1,800(1801錠あたり
54
カゴに入れる
30錠
6,000
4,860(1621錠あたり
145
カゴに入れる
50錠
10,000
7,200(1441錠あたり
216
カゴに入れる

商品詳細

ディヴァインの特徴
ディヴァインはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。

クラミジアや淋病などの性感染症の治療のほか、ニキビの治療にも用いられます。

先発薬であるミノマイシンのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。

ディヴァインの効果
ディヴァインの主成分のミノサイクリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるテトラサイクリン系の抗生物質です。

細菌は細胞の分裂によって増殖していきます。

リポゾームという器官が細胞が分裂するための原料となるタンパク質を作り出します。

ミノサイクリンはこのリポゾームの働きを抑えることで、細菌の増殖を抑え、死滅と抗菌に効果があります。

国内で感染者数の最も多いクラミジアや淋病の治療に用いられ、病院でも処方される成分です。

また、慢性気管支炎、梅毒、赤痢菌、マイコプラズマ、アクネ菌などの細菌感染にも適応があります

ディヴァインの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは50mg/100mgの2種類の購入が可能です。

その他
ミノマイシンと同等の効果をもちながら、ミノマイシンに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

古くからある抗生物質で耐性菌も増えているため、性感染症の治療に用いられることは少なくなりましたが、アクネ菌の治療として用いられ、治りづらいニキビに悩んでいる方にお薦めの商品です。

ディヴァインの関連ページ
クラミジア治療薬一覧
クラミジア薬

淋病治療薬一覧
淋病薬

アメーバ赤痢薬一覧
アメーバ赤痢薬

ニキビ治療薬一覧
ニキビ治療薬

梅毒治療薬一覧
梅毒薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ミノサイクリン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
ディヴァインは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているディヴァインの用量は50mg/100mgの2つがあります。

初めは100~200㎎を服用してください。

その後12時間または24時間ごとに100㎎を服用してください。

・50mgの場合
初回2~4錠、以後2錠づつ服用

・100mgの場合
初回1~2錠、以後1錠づつ服用

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
初回は、100~200mgを服用し、以後12時間ごとまたは24時間ごとに100mgを服用することが推奨されています。

しかし、服用者の年齢・体重・症状に応じて適宜増減してください。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ディヴァインを服用できない方
・テトラサイクリン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方

・肝臓障害のある方

・腎臓障害のある方

・食道通過障害のある方

・高齢者

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、めまい、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害などがあげられます。

頻度不明な重篤な副作用として、アナフィラキシー、全身性紅斑性狼瘡様症状の増悪、結節性多発動脈炎、微鏡的多発血管炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、血液障害などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ディヴァインと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・カルシウム、マグネシウム、アルミニウム、ランタンまたは鉄剤
ミノサイクリンの吸収を低下させる恐れがあります。

・抗凝血剤
血漿プロトロンビン活性を抑制する恐れがあります。

・スルホニル尿素系血糖降下薬
血糖値を下げる効果が強まる恐れがあります。

・抗リウマチ剤
抗リウマチ剤の効果が強まる恐れがあります。

・ポルフィマーナトリウム
光線過敏症が生じる可能性が高くなる恐れがあります。

・強心剤
中毒症状が生じる恐れがあります。

・黄体・卵胞ホルモン薬
不正出血が生じる恐れがあります。

・外用剤を除いたビタミンA製剤、レチノイド製剤
頭蓋内圧の上昇が生じる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ミノサイクリン塩酸塩

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・インド

口コミ・レビュー

  • アンナさん(30歳)
    ミノマイシンのおかげでニキビが減ってきてます。値段も安いし、効き目もなかなかあると思います。直接塗るニキビクリームよりも効き目がある感じしますね。少なくとも市販のニキビクリームよりはニキビの治りが早いです。クラミジアや淋病などの性病にも効果があるみたいなので、万が一のことを考えて切らさないようにしています。
  • リリスさん(30歳)
    クラミジアの治療目的で購入。初めて感染したときは病院で治しましたが、さすがに2回目は行きづらくて・・・。だから病院に行かなくても治せて本当に助かりました。心配してた副作用も特に出なかったのでよかったです。
  • りささん(35歳)
    ニキビの治療に良いとあったので買ってみました。たしかに良くなってきています。クラミジアにも効くみたいなので、万が一感染してもミノマイシン・ジェネリックがあれば大丈夫w。
  • 幸島さん(24歳)
    クラミジアになった時に抗生物質を買って、この商品を調べたらニキビの治療にも効くってあったので飲んでみました。 最近肌荒れがすごくて口周りとかすごくニキビだらけになってしまったんですよね。 とてもきれいに治ったので良かったです!
  • ぺりーさん(26歳)
    食生活が乱れているのと、仕事のストレスとでニキビができてしまい、赤くて触ると痛いようなニキビが顎や頬、眉間などに数箇所できて治ったと思ったらまたすぐに同じところに出来てしまって、半年くらい悩んでいました。ミノマイシンを服用してから数日でニキビの赤みが引き、だんだん目立たなくなって、化粧をするとニキビがあることが分からないほどにまで落ち着いています^^
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ