テルファスト(アレグラ)
  • テルファスト(アレグラ)
  • テルファスト(アレグラ)
  • テルファスト(アレグラ)

テルファスト(アレグラ)

更新日:
特徴
テルファストはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。
テルファストは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。

効果
テルファストの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。

副作用
主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは60mgが購入可能です。
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 皮膚そう痒症
  • アトピー性皮膚炎

有効成分:フェキソフェナジン/Fexofenadine Hydrochloride 60mg

ご注文

テルファスト(アレグラ) 60mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
10錠
1,500
1,350(1351錠あたり
40
カゴに入れる
20錠
3,000
2,430(1211錠あたり
72
カゴに入れる
30錠
4,500
3,240(1081錠あたり
97
カゴに入れる

商品詳細

テルファストの特徴
テルファストはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。

テルファストは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、有名なアレグラのジェネリック医薬品でうすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。

テルファストの効果
テルファストの主成分であるフェキソフェナジンは花粉症などのアレルギー反応を引き起こす、ヒスタミンとH1受容体が結びつくことを阻害する作用によって、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの症状を緩和・抑制します。

テルファストが第2世代の抗ヒスタミン薬と称されるのは、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて即効性があり接続時間が長く副作用が少ないうえ、小児でも服用することができるからです。

また、口の乾きや排尿障害、脳へ作用することで起こる眠気なども抑えることができます。

テルファストの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは60mgの購入が可能です。

その他
テルファストは従来の抗ヒスタミン薬と比べて眠くなりにくいため、自動車の運転する前など様々な場面での服用が可能ですが、症状の原因を治療する効果はないので注意が必要です。

テルファストの関連ページ
アトピー性皮膚炎の商品一覧
アトピー性皮膚炎

アレルギー性鼻炎の商品一覧
アレルギー性鼻炎

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
フェキソフェナジン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
テルファストは空腹時に服用するのが正しい飲み方です。

1回1錠、1日2回の服用する際は1度に2錠の服用はせずに、次の服用まで6~8時間間隔を空けるようにしてください。

服用量の目安
1回1錠、1日2回の服用となります。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

推奨用量
推奨されている国内での認可量は60mgを2回です。

60mgを1日最大4錠までは服用可能とされていますが、小柄な日本人には60mgでも効果が期待できます。

180mgの有効成分を有しているテルファストは海外の大柄男性向きです

食事の影響
テルファストの主成分である、フェキソフェナジンは食後・食前の縛りを受けていません。

しかし、空腹時投与と食後投与を比較したデータでは、食後よりも空腹時の方がより効果を発揮すると考えられています。

アルコールの影響
アレグラはアルコールとの相互作用は報告されていないので、テルファストとアルコール・飲酒の飲み合わせは問題ないとされています。

しかし、薬とアルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

テルファストを使用できない方
・テルファスト成分フェキソフェナジンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。

頻度不明の重大な副作用として、アファフィラキシー、肝機能障害、無顆粒球症などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、テルファストと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・水酸化アルミニウム

・水酸化マグネシウム

・エリスロマイシン

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アレグラ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • カっちゃんさん(34歳)
    今年も花粉症の時期でしたが、自分はテルファストを使っていたので なんともなかったです! 以前は鼻水、鼻詰まりと症状が酷かったんですがこの薬と出会って花粉症知らずになれましたよ。
  • aikoさん(30歳)
    アレルギー体質で全身に症状がでます。病院で処方してもらうヒスタミン剤は眠気が強くて、寝る前に服用すると朝起きれなくて遅刻しそうになることもありました。仕事中に飲むわけにもいかず、寝る前にのまないと体のかゆみで眠れない..の悪循環でした。テルファストは眠気も感じないし、効き目もあるので調子が良いです!
  • イギリスさん(30歳)
    いつも常備しています。花粉症の時期だけでなく、風邪でないのになぜか鼻水が出るというようなときにも使えます。
  • さらさん(29歳)
    アレルギー性鼻炎なのでいつも薬を携帯していました。主に私が使っていたのは市販薬でしたが、効き目が強いやつは眠くなるし、眠くならないものはあまり効いてくれないしで困っていたのですが、テルファストは効き目も強いうえに眠くならないので私にとっての最強アイテムになりました。いつでも好きな時に注文できるのも通販の強みですね。私と同じようにアレルギー性鼻炎で、いまいち市販薬で気に入ったものが見つからない方におススメしたい薬です。
  • バクさん(44歳)
    眠気が出ないか心配していましたが、これまでにつかった薬の中でもいちばん副作用が起きにくいとおもいました。就寝前ならありがたい眠気も、仕事中はつらくてたまらなかったので、テルファストに出会えてよかったとおもいます。日中はテルファストで、眠れなくてひどい時は、いままで通り眠くなる薬をつかっています。そんなに頻繁につかうわけでもないので、この使い分けでしばらく過ごしていけそうです。病院より安く済むのもありがたいですね。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ