テノーミン
  • テノーミン
  • テノーミン
  • テノーミン

テノーミン

更新日:
特徴
テノーミンはアストラゼネカ社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。
当サイトで取り扱っているテノーミンは、アストラゼネカ社が製造・販売している正規品です。

効果
テノーミンの主成分であるアテノロールは、心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。
心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。

副作用
主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。

成分
日本国内においては25mg/50mgが処方されています。
当サイトでは50mgが購入可能です。
  • 高血圧症
  • 狭心症
  • 頻脈性不整脈

有効成分:アテノロール/Atenolol 50mg

ご注文

テノーミン 50mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
2,500
2,250(751錠あたり
67
売切れ
60錠
5,000
4,050(671錠あたり
121
売切れ

テノーミンを使用したお客様の声

良い評価
coma-chiさん(40歳)
お酒もたばこも好きな私はどうしても血圧が高くなってしまう傾向にあります。先月の健康診断で注意を受けたことから何か対策はないかとテノーミンを使い始めました。効果を感じ始めていたころ合いだったので、このタイミングで規制が入るのは大変困ります。ここでとやかく言うことではないですが、私は副作用もなく安全に使える薬でしたよ。購入できる分だけはストックしておいて次回の健康診断に備えられたらなと思っています。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

テノーミンの特徴
テノーミンはザイダスカディラ社が開発した、本態性高血圧、狭心症、頻脈性不整脈の治療薬です。

従来の薬より気管支に与える負担が少なく、白い丸形の錠剤が特徴です。

テノーミンの効果
テノーミンの主成分であるアテノロールは、交感神経β受容体遮断薬に分類される医薬品です。

特に、β1-アドレナリン受容体遮断選択性が高く、心血管疾患の治療に用いられています。

アテノロールは、心拍を抑え心臓を休ませる作用があります。

心臓にある交感神経のβ受容体を遮断することにより、心臓の拍動が抑えられ、その結果血圧を下げる効果があります。

心臓の負担が抑えられることから、高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、虚血性心疾患または拡張型真剣症にもとづく慢性心不全、頻脈性心房細動の治療に用いられています。

高血圧を抑え、血圧を適切に保つことにより、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも繋がります。

テノーミンの成分量
日本国内においては、25mg/50mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは、50mgの購入が可能です。

その他
β遮断薬(ベータブロッカー)は心臓だけに選択的に作用し、気管支への影響が少なく、喘息を誘発する危険性は低いと考えられています。

日本国内では1983年に本態性高血圧(軽症~中等症)、狭心症、不整脈に対して承認されました。

1987年に洞性頻脈に対しても適応が承認されました。

※スマートドラッグ輸入規制対象商品
テノーミンは2018年中に輸入規制の対象となる可能性が高い商品です。

規制対象となりますと、個人輸入で購入ができなくなるため、お早めにご購入ください。

テノーミンの関連ページ
高血圧・狭心症の商品一覧
高血圧・狭心症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アテノロール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
1日1回、1錠を服用します。

なお、年齢、症状により用量を調節しながら服用しますが、1日1回2錠(100mg)を超えないでください。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

テノーミンを服用できない方
・アテノロールの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方

・高度または症状を呈する徐脈、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群のある方

・心原性ショックのある方

・肺高血圧による右心不全のある方

・うっ血性心不全のある方

・低血圧症の方

・重度の末梢循環障害のある方

・末治療の褐色細胞腫の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。

重大な副作用ですと、心不全、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群などがあげられます。

服用中は定期的に心機能検査を行い、このような副作用が生じた場合は減量または服用を中止してください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、テノーミンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・交感神経系に対し抑制的に作用する薬剤(レセルピン等)
過剰の交感神経抑制作用が現れることがあります。

・血糖降下剤(インスリン製剤等)
血糖降下作用が増強することがあります。
また、低血糖症状をマスクすることがあります。

・クロニジン
クロニジンの服用中止後リバウンド減少を増強する可能性があります。

・クラスⅠ抗不整脈剤(アミオダロン等)
角の心機能抑制が現れ、心停止、洞停止に至る可能性があります。

・ジギタリス製剤
房室伝導時間が延長し、徐脈、房室ブロック等が発現することがあるため注意が必要です。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : テノーミン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • coma-chiさん(40歳)
    お酒もたばこも好きな私はどうしても血圧が高くなってしまう傾向にあります。先月の健康診断で注意を受けたことから何か対策はないかとテノーミンを使い始めました。効果を感じ始めていたころ合いだったので、このタイミングで規制が入るのは大変困ります。ここでとやかく言うことではないですが、私は副作用もなく安全に使える薬でしたよ。購入できる分だけはストックしておいて次回の健康診断に備えられたらなと思っています。
  • じいやさん(50歳)
    愛用していたので、もうすぐ購入できなくなるかもしれないと知って買えるだけストック分買いました。テノーミンにはお世話になっていたので、ずっと買えると思っていただけに悲しいです。何か代わりになるような薬があればいいのですが。
  • イノさん(48歳)
    今回はじめて通販でお薬を買いましたが、便利ですね。いろんなお薬が買えるから病院に行く頻度も減りそうです。
  • 木本さん(47歳)
    血圧を下げるために使っています。塩分の高い食事を好む私にとってはこのような薬があると助かります。さらに通販で購入できるので簡単に手に入るし、安いのでありがたいです。狭心症患者や心臓発作、不整脈などのその他の恐ろしい病気の予防効果もあると記載されていたのでこれからも健康のために使っていきたいです。最近では食事も健康食を心がけるようになり、生活を変えるきっかけとなっています。
  • たま子さん(42歳)
    高血圧なので薬をもらっていましたが、経済的に厳しいのでなんとか薬代を節約できないかと思って通販でテノーミン購入しました。飲んでみましたが副作用も大丈夫だったし、血圧も安定しているのでこれからここで買おうかなと思いました。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ