ディオバン
  • ディオバン

ディオバン

更新日:
特徴
ディオバンはノバルティス社が開発した、高血圧症の治療薬です。
当サイトで取り扱っているディオバンは、ノバルティス社が製造・販売している正規品です。

効果
ディオバンの主成分であるバルサルタンは、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があります。
これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。

副作用
主な副作用には、めまい、腹痛、咳、ALT上昇などがあげられます。

成分
日本国内においては20mg/40mg/80mg/160mgが処方されています。
当サイトでは80mg/160mg/320mgが購入可能です。
  • 高血圧症

有効成分:バルサルタン/Valsartan 80mg・160mg・320mg

ご注文

ディオバン 80mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
2,000
1,800(641錠あたり
54
カゴに入れる
56錠
4,000
3,200(571錠あたり
96
カゴに入れる

ディオバン 160mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
3,000
2,700(961錠あたり
81
カゴに入れる
56錠
6,000
4,800(851錠あたり
144
カゴに入れる

ディオバン 320mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
4,000
3,600(1281錠あたり
108
カゴに入れる
56錠
8,000
6,400(1141錠あたり
192
カゴに入れる

ディオバンを使用したお客様の声

良い評価
たみおさん(48歳)
若い頃の不摂生がたたったのか、血圧が一定の数値から下がらなくなってしまい焦りました。いつまでも自分は若い、大丈夫。と思っていましたが..お薬なびでは他のサプリでお世話になっていたのでディオバンを見つけ購入。いきなり運動したり、食事制限はできなかったのでとても助かりました。やはり薬は効果が早いですね。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ディオバンの特徴
ディオバンはノバルティス社が開発した、高血圧症の治療薬です。

血圧を下げる効果があり、黄色い楕円形の錠剤が特徴です。

ディオバンの効果
ディオバンの主成分であるバルサルタンはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。

血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという体内物質を抑える効果があり、これにより身体の血管が広がり、水分や電解質が調整され血圧が下がります。

アンジオテンシンⅡは、アンジオテンシンⅠが変換酵素によりⅡへと変換され受容体と結合し、心臓、血管、副腎へと作用します。

バルサルタンは主に高血圧症の治療に用いられていますが、心臓病、腎臓病にも有効だと言われています。

高血圧を抑え、血圧を適切に保つことにより、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも繋がります。

ディオバンの成分量
日本国内においては20mg/40mg/80mg/160mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは80mg/160mg/320mgの購入が可能です。

ディオバンの開発史
主成分であるバルサルタンは、1989年に合成され、2000年に日本国内でも認可されました。

ノバルティス社からディオバンの商品名で販売されています。

その他
ディオバンはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。

作用的には、従来のACE阻害薬に近いと言われています。

ディオバンの関連ページ
高血圧・狭心症の商品一覧
高血圧・狭心症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
バルサルタン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
1日1回、40~80mgを服用します。

年齢、症状に応じて調節しますが、1日160mgまで増量できます。

当サイトで取り扱っているバルサルタンの用量は80mg/160mg/320mgの3つですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

ディオバンを服用できない方
・バルサルタンの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・アリスキレンを服用中の糖尿病の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、めまい、腹痛、咳、ALT上昇などがあげられます。

重大な副作用ですと、頻度は不明ですが血管浮腫、高カリウム血症、ショックなどがあげられます。

血管浮腫は、顔面、口唇、咽頭、下の腫脹などに症状としてあらわれることがあるため観察を十分に行い、異常を感じた場合はすぐに服用を中止してください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ディオバンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・アリスキレン、アンジオテンシン変換酵素阻害剤
腎機能障害、高カリウム血症および低血圧を起こす恐れがあります。

・カリウム保持性利尿剤、ドロスピレノン、エチニルエストラジオールなど
血清カリウム値が上昇することがあるため、血清カリウム濃度に注意が必要です。

・非ステロイド性消炎鎮痛剤、インドメタシンなど
バルサルタンの降圧作用が減弱することがあります。

・ビキサロマー
併用により、バルサルタンの血中濃度が低下したとの報告があります。

・リチウム
血中リチウム濃度が上昇し、リチウム中毒を起こすとの報告があります。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ディオバン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • たみおさん(48歳)
    若い頃の不摂生がたたったのか、血圧が一定の数値から下がらなくなってしまい焦りました。いつまでも自分は若い、大丈夫。と思っていましたが..お薬なびでは他のサプリでお世話になっていたのでディオバンを見つけ購入。いきなり運動したり、食事制限はできなかったのでとても助かりました。やはり薬は効果が早いですね。
  • 宜野座さん(41歳)
    あまり自覚症状がなかったのですが、高血圧といわれて服用しました。次の検診で数値が下がってほっとしました。
  • 志島さん(53歳)
    親父もお袋も高血圧だんたんで、いずれはオレもかなと思ってはいたのですが、いざ高血圧になるとめんどくさいもんですねー。自分としては大した症状を感じないのに、医者にはごちゃごちゃうるさく言われて、しかも死ぬまで血圧の薬を飲まないといけないなんて参りますねー。それにお袋の介護もしながら仕事にも行ってるから自分のために病院行く時間なんざそんな取れるもんじゃない。仕方ないので通販ってもの利用して薬買ってみたら便利だし効き目もあるしでこれからもここから買うことにしますわ。
  • たけしさん(52歳)
    ディオバンでだいぶよくなってきたとおもいます。血圧が下がらない原因はわかっていましたが、長年積み重ねてきた生活基盤をいまさら変えることはできず、病院にも通院する時間も取れず、一人で苦しんでいました。ディオバンを買って自分で治療を行うようになってから、体が楽になってきました。気休め程度に始めた薬ですが、体がらくになるにつれ、ストレスを無駄にかかえることもなくなり、すこしは生活にゆとりができたとおもいます。
  • 高野昭さん(29歳)
    お酒を飲む仕事をしているし、私生活もグダグダで病院で検査したら色々な数値がやばかったです、、、 先輩がこの薬飲んで元気になったと言ってたので飲んでみてます。 実際に飲んでみた感想は今のところ2日酔いが無くなった事を感じています。 あとお酒飲んだ時に死亡しなくなりました。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ