サインバルタ
  • サインバルタ
  • サインバルタ
  • サインバルタ

サインバルタ

特徴
サインバルタはイーライリリー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。
青色のカプセルが特徴です。

効果
サインバルタの主成分であるデュロキセチン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。
神経と神経をつなぐシナプス間隙でのセロトニンとノルアドレナリン濃度を増やすことで、意欲、やる気を出します。
意欲の低下や気分を向上させることで、うつ症状や不安感を改善します。

副作用
主な副作用は、倦怠感、頭痛、動悸、耳鳴、排尿困難、発汗などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは30mg/60mgが購入可能です。
  • 【SNRI】
  • うつ病

有効成分:デュロキセチン塩酸塩/Duloxetine Hydrochloride 30mg・60mg

ご注文

サインバルタ 30mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
4,500
4,050(1441錠あたり
121
カゴに入れる

サインバルタ 60mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
5,500
4,950(1761錠あたり
148
カゴに入れる

商品詳細

サインバルタの特徴
サインバルタはイーライリリー社が開発した、うつ病や不安障害の治療薬です。

青色のカプセルが特徴です。

サインバルタの効果
サインバルタの主成分であるデュロキセチン塩酸塩は、SNRIと呼ばれる、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤です。

うつ病ではセロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが弱ってしまっています。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれ、心の安定や安らぎをもたらせ、心のバランスを保つ役割を担っています。

セロトニンが不足してしまうと心のバランスが取れなくなり、不安感や悲観的な気分、眠れない、イライラしてしまいやすくなるなどの症状が現れます。

デュロキセチン塩酸塩は、不足したセロトニンの働きを強めることで、心のバランスを保つことができるようになります。

そして従来の抗うつ剤が苦手としてきた、意欲・やる気の向上をノルアドレナリンの働きを強めることで、改善することができるようになりました。

サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの働きを強めることで、不安感や悲観的などの感情が前向きになり、意欲・やる気が向上しうつ症状を改善します。

サインバルタの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは30mg/60mgが購入可能です。

その他
従来の抗うつ剤で意欲、やる気の改善がされなかった方にお薦めです。

サインバルタの関連ページ
抗不安薬の一覧
不安障害・抗不安薬

うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
デュロキセチン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回朝食後に服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

服用量の目安
当サイトで扱っているサインバルタの用量は20mgです。

1回20mgより開始し、1日60mgまで増量できますが、60㎎を超えない範囲で適宜増減してください。

推奨用量
初めてサインバルタの主成分であるデュロキセチン塩酸塩を含む医薬品を服用される場合は20mgからの服用が推奨されています。

サインバルタを服用できない方
・サインバルタの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・MAO阻害剤を服用している方

・高度の肝障害のある方

・高度の腎障害のある方

・コントロール不良の閉塞隅角緑内障の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、倦怠感、頭痛、動悸、耳鳴、排尿困難、発汗などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、アナフィラキシーショックセロトニン症候群などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

セロトニン症候群とは?
セロトニン症候群は、抗うつ薬などを服用中に脳内のセロトニン濃度が過剰になってしまうことによって起こる副作用です。
主な症状は、体温の上昇、心拍数の増加、振戦、筋強剛、混乱、錯覚などです。
セロトニン症候群は、悪性症候群(NMS)にくらべ、副作用の発現が速いので、これらの症状や以上を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、サインバルタと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・MAO阻害剤
他の抗うつ剤で併用により発汗,不穏,全身痙攣,異常高熱,昏睡などの症状が現れるおそれがあります。

併用注意
・ピモジド
QT延長,心室性不整脈などの心血管系の副作用が発現するおそれがあります。

・セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
セロトニン症候群などの、セロトニン作用による症状があらわれるおそれがあります。

・三環系抗うつ剤、イミプラミン塩酸塩、リスペリドンなど
これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。

・中枢神経抑制剤、バルビツール酸誘導体,ロラゼパムなど
薬の作用を相互に増強するおそれがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : サインバルタ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • トコナさん(35歳)
    仕事でのイライラがピークをむかえることが極端に増え、不安になった私は病院で診てもらうと鬱の診断を受けました。初めは処方された薬を服用していましたが、次第に病院に行く行為そのものが億劫になり薬を飲むことをやめてしまいました。しかしそうすると症状はぶり返し悪化していくばかり。個人輸入の存在を知った私は思い切って注文してみることにしました。海外からの通販に不安もありましたが、届いてみるとなんてことはなく、効果も十分です。
  • になさん(47歳)
    つかい始めの倦怠感がちょっときつかったです。2週間〜3週間くらいで落ち着いてきた気がします。サインバルタをつかい始めてもうすぐ60日くらいになりそうですが、いままでの薬の中で一番合っていると思います。
  • ササキさん(36歳)
    数種類のうつのお薬を試してきたけど、どれもイマイチだった。サインバルタはどうかわからない。でも試してみようと思う。
  • 良太さん(33歳)
    うつの改善用で使っています。副作用も少ないのでとても使いやすくて良いです。最近は意欲的になっており、外出して買い物をすることが苦ではなくなっています。今までの気分が落ち込む感じも回数が減ってきている様子で、家族も私の変化に気づいている様子でした。まだまだ頼ることがあると思うので、なくなる前に再度購入します。
  • 45さん(無職歳)
    他の抗うつ剤よりかは副作用が楽でした。 いつも使っている薬がない時の代替えとして買いましたが、こちらに移ろうと思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ