グルコバイ
  • グルコバイ
  • グルコバイ
  • グルコバイ

グルコバイ

更新日:
特徴
グルコバイはバイエル社が開発した糖尿病治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているグルコバイは、バイエル社が製造・販売している正規品です。

効果
グルコバイの主成分であるアカルボースは糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える糖尿病治療薬です。

副作用
主な副作用は、低血糖、消化器障害、発疹、そう痒症、頭痛、めまい、肝臓機能障害、浮腫などがあげられます。

成分量
日本国内においては50mg/100mgが処方されています。
当サイトでも50mg/100mgが購入可能です。
  • 糖尿病(食後過血糖の改善)

有効成分:アカルボース/Acarbose 50mg・100mg

ご注文

グルコバイ 50mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
3,000
2,700(301錠あたり
81
カゴに入れる
180錠
6,000
4,860(271錠あたり
145
カゴに入れる
270錠
9,000
6,480(241錠あたり
194
カゴに入れる

グルコバイ 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
5,000
4,500(501錠あたり
135
カゴに入れる

商品詳細

グルコバイの特徴
グルコバイはバイエル社が開発した糖尿病治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。

グルコバイの効果
グルコバイの主成分の、アカルボースは糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑えるαグルコシダーゼ阻害薬に分類される糖尿病治療薬です。

食後過血糖改善薬とも呼ばれます。

アカルボースは他の糖尿病治療薬とは異なり、インスリンの分泌を促したり働きを良くするのではなく、小腸に存在するαグルコシダーゼという酵素の働きを阻害することで、体内に摂取された糖の吸収を穏やかにします。

食べ物に含まれる糖質は、多糖類といい、体内で吸収される際に単糖類に変化します。

αグルコシダーゼは多糖類を単糖類に変化させ、糖質を小腸から吸収し血糖値を上昇させます。

アカルボースはこのαグルコシダーゼの働きを阻害し、糖質が単糖類に変化するスピードを遅らせる効果があります。

糖質の吸収が遅れることによって食後の血糖値の上昇を抑えることが可能です。

グルコバイの成分量
日本国内において、50mg/100mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでも50mg/100mgの購入が可能です。

その他
現在、成分特許が切れたことで、国内外でも多くのメーカーから価格が抑えられたジェネリック医薬品が販売されています。

食事療法と運動療法を行ったり、加えて経口血糖降下薬やインスリン製剤を服用しても改善されない場合に初めて服用してください。

グルコバイの関連ページ
糖尿病・高血糖値治療薬一覧
糖尿病・高血糖値薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アカルボース - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
食事直前

服用量の目安
当サイトで取り扱っているグルコバイの用量は50mg/100mgの2つです。

1回100mgを1日3回毎食直前に服用してください。

症状に応じて適宜増量することができますが、1日で服用できるのは100mgまでです。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人に1回100mgを1日3回を食直前に経口投与することが推奨されています。

50mgから服用を開始し、症状に合わせて100mgまで増量することが可能です。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

グルコバイを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方

・手術前後、重症感染症、重篤な外傷のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、消化器障害、発疹、そう痒症、頭痛、めまい、肝臓機能障害、浮腫などがあげられます。

その他に、重大な副作用として、低血糖、腸閉塞、黄疸、高アンモニア血症などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、グルコバイと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・スルホニルウレア系薬剤、スルホンアミド系薬剤、ビグアナイド系薬剤、メトホルミン塩酸塩、ブホルミン塩酸塩、インスリン製剤など
低血糖が生じる恐れがあります。

・β遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤など
併用による影響が生じる恐れがあります。

・ジゴキシン
ジゴキシンの血中濃度が低下する恐れがあります。

・ラクツロース、ラクチトール水和物
消化器系の副作用が強く生じる恐れがあります。

・炭水化物消化酵素製剤、ジアスターゼなど
互いに薬の効果に影響を及ぼす恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : グルコバイ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • エリクシーさん(41歳)
    必要な薬と分かっていても、高いものは高いです。 グルコバイジェネリックがあって助かりました。 普通に生活していたら、どうしても必要な時があるので、その時のために買っておきます。
  • 明美ほむらさん(36歳)
    炭水化物が大好きなので、血糖値がすごく高いのですがお医者様にこのままでは糖尿病になる可能性が高いと言われました。しばらくは我慢していましたが、米を食べられない生活なんて考えられないしストレスがすごかったのでこの薬を購入してみました。体調に変化は分からないのですが、半年たった今体重が4キロも落ちていたんですよ!何も生活に変化はないし運動もしていないのでこの薬のおかげだと思います。糖質制限が流行っていますが、炭水化物大好きな方は無理に我慢しないでもこういう薬がある事を知ってほしいですね。
  • はるさん(36歳)
    炭水化物の吸収を抑えてくれると書いてあったので、ダイエットに効くんじゃないかと思って購入しました。 結果的に5キロ体重が減ったので、良しとしてます。
  • みおーなさん(43歳)
    糖尿が発動してから、隔週で病院に行くのが面倒なので、通販で済ませてます。 今は3か月に1回の通院で、検査で以上もでてないので、同じような方はおススメです。
  • 46さん(史郎歳)
    医師から処方されていた薬と成分が同じだったので買いました。 あまり自覚症状はありませんが、たまに病院にいっても問題ないようなこと言われているので、効果もちゃんとしているんじゃないかと思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ