アクトス・ジェネリック
  • アクトス・ジェネリック
  • アクトス・ジェネリック

アクトス・ジェネリック

更新日:
特徴
ベキサゾンはマイラン社が開発した2型糖尿病の治療薬です。
日本でも処方されているアクトスのジェネリック医薬品で、ボトルタイプが特徴です。

効果
ベキサゾンの主成分であるピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善に効果があります。

副作用
主な副作用は、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは15mg/30mg/45mgが購入可能です。
  • 2型糖尿病

有効成分:ピオグリタゾン/Pioglitazone 15mg・30mg・45mg

ご注文

アクトス・ジェネリック 15mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
3,000
2,700(301錠あたり
81
カゴに入れる

アクトス・ジェネリック 30mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
4,500
4,050(451錠あたり
121
カゴに入れる

アクトス・ジェネリック 45mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
90錠
6,000
5,400(601錠あたり
162
カゴに入れる

アクトス・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
yasuさん(41歳)
糖尿病と診断されてから、ずっと治療を続けています。自覚症状があまりないぶん、ちょっと不摂生をしがちになることもありますが、薬だけはしっかり飲もうと決めています。しかし、出張が多い仕事なので、決まったタイミングで病院に行くことができません。通販で薬を購入して服用、たまに病院に検診にいくという形に落ち着きました。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ベキサゾンの特徴
ベキサゾンはマイラン社が開発した2型糖尿病の治療薬です。

日本でも処方されているアクトスのジェネリック医薬品で、ボトルタイプが特徴です。

ベキサゾンの効果
ベキサゾンの主成分の、ピオグリタゾンはインスリン働きの低下を改善する、インスリン抵抗性改善薬です。

そのため、インスリンの働きが低下しているインスリン抵抗性の糖尿病の方にお薦めです。

肥満の方で糖尿病を引き起こす原因の1つは脂肪細胞が肥大化することによるインスリンの働きの低下です。

ピオグリタゾンは脂肪細胞に働きかけ、肥大化した脂肪細胞を小さくしてインスリンの働きを改善します。

インスリンの働きが改善されることで糖が取り込まれやすくなり、血糖値の上昇を抑えることができます。

ベキサゾンは作用が異なる他の糖尿病治療薬との併用が認められています。

ベキサゾンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは15mg/30m/45mgの購入が可能です。

その他
アクトスと同等の効果をもちながら、アクトスに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

2型糖尿病の治療で、食事療法と運動両方やその他の糖尿病治療薬を服用しても効果が得られない場合に初めて服用してください。

ベキサゾンの関連ページ
糖尿病・高血糖値治療薬一覧
糖尿病・高血糖値薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ピオグリタゾン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
朝食前または朝食後

服用量の目安
当サイトで取り扱っているベキサゾンの用量は15mg/30mg/45mgの3つです。

・食事療法と運動療法のみを行って糖尿病が改善されない場合や、加えてスルホニルウレア剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、ビグアナイド系薬剤を服用しても糖尿病が改善されない場合

15~30mgを1日1回服用してください。

年齢、性別、症状により適宜増減できますが、1日で服用できる上限は45mgまでです。

・食事療法と運動療法のみを行って糖尿病が改善されない場合や、加えてインスリン製剤を服用しても糖尿病が改善されない場合

15mgを1日1回服用してください。

年齢、性別、症状により適宜増減できますが、1日で服用できる上限は30mgまでです。

推奨用量
女性は浮腫が多く生じる恐れがあるため、15mgからの服用が推奨されています。

用量を増量する場合は浮腫が生じやすいため注意してください。

高齢者は生理機能が低下しているため15mgからの服用が推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ベキサゾンを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・心不全や心不全の既往歴のある方

・重症ケトーシス、前昏睡、糖尿病性昏睡、1型糖尿病の方

・肝臓機能障害のある方

・腎臓機能障害のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、浮腫、貧血、白血球数減少、血圧上昇、動悸、発疹、そう痒症、消化器障害、めまい、頭痛、眠気、けん怠感などがあげられます。

その他に、重大な副作用として、心不全の悪化、心不全の発現、循環血漿量の増加による浮腫、肝臓機能障害、黄疸、低血糖状態、横紋筋融解症、間質性肺炎、胃潰瘍などが生じる恐れがあります。

服用中に浮腫、急激な体重増加、動悸、息切れなどの症状を確認された場合には直ぐに服用を中止し、ループ利尿剤などを服用し、処置を行ってください。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ベキサゾンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・糖尿病用薬、スルホニルウレア系薬剤、ビグアナイド系薬剤、ブホルミン塩酸塩、速効型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害剤、アログリプチン安息香酸塩、シタグリプチンリン酸塩水和物、GLP-1アナログ製剤、インスリン製剤など
低血糖状態が生じる恐れがあります。

・β-遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、フィブラート系の高脂血症治療剤など
ベキサゾンのインスリン抵抗性改善作用に影響が生じる恐れがあります。

・リファンピシンなどのCYP2C8を誘導する薬剤
ピオグリタゾンのAUCが減少する恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : リピディル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • yasuさん(41歳)
    糖尿病と診断されてから、ずっと治療を続けています。自覚症状があまりないぶん、ちょっと不摂生をしがちになることもありますが、薬だけはしっかり飲もうと決めています。しかし、出張が多い仕事なので、決まったタイミングで病院に行くことができません。通販で薬を購入して服用、たまに病院に検診にいくという形に落ち着きました。
  • マサキさん(43歳)
    病院に行くまで、効いてるか分かりませんでしたが、この前診てもらったときは数値がだいぶ下がっててビックりです。
  • satouさん(51歳)
    血圧が高いと診断され、食生活の改善とお薬での治療を始めました。数値が年々下がってきていて嬉しいです。忙しくて通院できないときにこちらのサイトから購入しています。
  • としおさん(48歳)
    血糖値が高いため使っています。朝食の時についでに服用できるので簡単でした。来月の健康診断で血糖値の数値が楽しみです。
  • 岡田さん(52歳)
    糖尿病の治療用で購入して使っています。使う前よりは体の調子がよくなってきているように感じています。血糖値も以前より下がりました。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ