ゼチーア・ジェネリック
  • ゼチーア・ジェネリック
  • ゼチーア・ジェネリック
  • ゼチーア・ジェネリック

ゼチーア・ジェネリック

更新日:
特徴
エゼンチアはサンファーマ社が開発した脂質異常症の治療薬です。
日本でも処方されているゼチーアのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
エゼンチアの主成分であるエゼチミブは小腸でのコレステロール吸収を抑えることで脂質異常症を改善します。

副作用
主な副作用は、頭痛、しびれ、めまい、消化器障害、肝臓機能障害、蛋白尿、筋肉通、そう痒症、発疹などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • 脂質異常症

有効成分:エゼチミブ/Ezetimibe 10mg

ご注文

ゼチーア・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
3,000
2,700(901錠あたり
81
カゴに入れる
60錠
6,000
4,860(811錠あたり
145
カゴに入れる

ゼチーア・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
とんかつさん(42歳)
コレステロール値を下げるには、どうすればいいのか分からなったですが、こんな薬があるんですね。まずは試しに30錠。食事もバランスよく摂って、変化を見たいと思います。結果が出たら再度、評価します。いい結果が出ますように!
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

エゼンチアの特徴
エゼンチアはサンファーマ社が開発した脂質異常症の治療薬です。

日本でも処方されているゼチーアのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

エゼンチアの効果
エゼンチアの主成分の、エゼチミブは小腸でのコレステロール吸収を抑えることで脂質異常症を改善します。

コレステロールは体内に摂取された糖質、脂質、タンパク質などによって生成され、小腸から吸収されて体に蓄積されます。

コレステロールは小腸コレステロールトランスポーターという器官の働きによって小腸から吸収されます。

エゼチミブはこの小腸コレステロールトランスポーターの働きを阻害することでコレステロールの吸収を抑えます。

コレステロールの吸収率が減少することで脂質異常症が改善されていきます。

エゼンチアの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入が可能です。

その他
ゼチーアと同等の効果をもちながら、ゼチーアに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

エゼンチアの関連ページ
脂質異常症治療薬一覧
脂質異常症薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
エゼチミブ - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回食後

服用量の目安
当サイトで取り扱っているエゼンチアの用量は10mgです。

1回10mgを1日1回食後に服用してください。

しかし、年齢や症状に応じて適宜減少してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1回10mgを1回食事に経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

エゼンチアを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・重篤な肝臓機能障害のある方

・HMG-CoA還元酵素阻害剤を服用している方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、頭痛、しびれ、めまい、消化器障害、肝臓機能障害、蛋白尿、筋肉通、そう痒症、発疹などがあげられます。

その他に、頻度不明な重大な副作用として、アナフィラキシー、血管神経性浮腫、横紋筋融解症、などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、エゼンチアと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・陰イオン交換樹脂
エゼンチアの血中濃度が減少する恐れがあります。

・シクロスポリン
相互の薬剤で血中濃度が上昇する恐れがあります。

・クマリン系抗凝血剤、ワルファリン
INRが上昇する恐れがあります。

・フィブラート系薬剤
エゼンチアの血中濃度が上昇し、胆石形成が生じる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ゼチーア

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • たつさん(52歳)
    生活習慣の乱れからコレステロール値が高いと診断されました。まあ、原因は喫煙と外食が主だと思うんですが。食事療法で、コンビニで昼食を済ませる代わりに、弁当を作ってもっていくようにしてます。インスタント食品にはマーガリンとかショートニングがたっぷり使われているので気をつけてください。食事療法とあわせてゼチーアを服用することでより高い効果が期待できるそうで、購入してみました。これで数値が下がってくれたらいいんだが。。
  • とんかつさん(42歳)
    コレステロール値を下げるには、どうすればいいのか分からなったですが、こんな薬があるんですね。まずは試しに30錠。食事もバランスよく摂って、変化を見たいと思います。結果が出たら再度、評価します。いい結果が出ますように!
  • おかべさん(36歳)
    不摂生な生活を続けていたので、体重も増加し、コレステロール値も高くなっています。生活習慣病はなりたくないので、これを飲んで改善してみようと思います。
  • 拓郎さん(45歳)
    中性脂肪高め・高コレステロールと典型的な生活習慣病です。なかなかジム通いができなかったり、仕事の付き合いで飲みも多いのでこんな薬を探していました。そこまで食事に気を使ったつもりはなかったですが、数値が下がってきています。いろいろサプリもあるけれど、サプリを飲むよりは、薬で確実に効果を出していったほうがいいと思います。
  • 野原さん(42歳)
    コレステロール値が高いのでいつも飲んでます。食生活が悪かったのは自覚してます。今になって反省しても遅く、いつもお世話になってます。ジェネリック医薬品自体初めて使ってみたのですが、効果はちゃんとあるし価格は抑えられるしでありがたいです。今後も継続購入していきます。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ