サルブタモール・ジェネリック
  • サルブタモール・ジェネリック
  • サルブタモール・ジェネリック

サルブタモール・ジェネリック

更新日:
特徴
アスタリンはシプラ社が開発した気管支喘息の治療薬です。
日本でも処方されているサルブタモールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
アスタリンの主成分であるサルブタモールは気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。

副作用
主な副作用は、過敏症状、循環器障害、頭痛、めまい、興奮、下肢疼痛、食欲不振、悪心、下痢、口渇、湿疹などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは4mg/8mgが購入可能です。
  • 気管支喘息
  • 小児喘息
  • 肺気腫
  • 慢性気管支炎
  • 肺結核
  • 珪肺結核

有効成分:サルブタモール/Salbutamol 4mg・8mg

ご注文

サルブタモール・ジェネリック 4mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
1,000
900(301錠あたり
27
カゴに入れる
90錠
3,000
2,430(271錠あたり
72
カゴに入れる
150錠
5,000
3,600(241錠あたり
108
カゴに入れる

サルブタモール・ジェネリック 8mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
1,200
1,080(361錠あたり
32
売切れ
90錠
3,600
2,920(321錠あたり
87
売切れ
150錠
6,000
4,320(281錠あたり
129
売切れ

商品詳細

アスタリンの特徴
アスタリンはシプラ社が開発した気管支喘息の治療薬です。

日本でも処方されているサルブタモールのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

アスタリンの効果
アスタリンの主成分のサルブタモールは、気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。

気管支喘息は気管支に炎症が起こり空気が通る道が狭まることによって引き起こされます。

気管支はβ2受容体という交感神経が刺激されることによって拡張します。

サルブタモールはこのβ2受容体を刺激する効果があり、気管支を拡張して喘息の症状を緩和します。

服用してから即効性があり、効果持続時間は4~6時間です。

喘息だけでなく、慢性閉塞性肺疾患の治療にも用いられます。

アスタリンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは4mg/8mgの購入が可能です。

その他
現在は吸入ステロイド剤などを使用して喘息の症状を緩和させることが主流となっていますが、吸入剤だけでは症状が改善されなかったり、吸入剤の使用が難しい方にお薦めです。

アスタリンの関連ページ
気管支喘息治療薬一覧
気管支喘息薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
サルブタモール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用量の目安
当サイトで取り扱っているアスタリンの用量は4mg/8mgの2つですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1回4mgを1日3回服用してください。

症状が激しく生じる場合には1回8mgを1日3回服用してください。

しかし、年齢や症状によって適宜増減してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1回4mgを1日3回経口投与することが推奨されています。

症状の激しい場合には1回8mgを1日3回経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用の注意
・甲状腺機能亢進症の方は症状が悪化する恐れがあります。

・高血圧の方は血圧が上昇する恐れがあります。

・心疾患の方は症状が悪化する恐れがあります。

・糖尿病の方は症状が悪化する恐れがあります。

・過度な服用は不整脈などを引き起こす恐れがあるため注意してください。

・高齢者は生理機能が低下しているため減量してください。

アスタリンを服用できない方
・サルブタモールに対し過敏症の既往歴のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、過敏症状、循環器障害、頭痛、めまい、興奮、下肢疼痛、食欲不振、悪心、下痢、口渇、湿疹などがあげられます。

頻度不明な重篤な副作用として、血清カリウム値の低下などの症状が現れる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アスタリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・カテコールアミン、アドレナリン、イソプレナリンなど
不整脈や心停止を引き起こす恐れがあります。

・キサンチン誘導体、ステロイド剤、利尿剤
低カリウム血症を引き起こし、不整脈が生じる恐れがあります。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : サルブタモール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ボンタンさん(49歳)
    サルブタモールジェネリック8?が売り切れちゃってたんで4?を購入しました。そんなに人気のある薬だったんですね。ちょっとびっくりです。これのおかげでひどかった喘息が楽になりました。起きる頻度も下がってきてる気がします。副作用と言えるかわかりませんが、服用するとちょっと喉が渇きます。水は欠かせないですね。
  • さん(43歳)
    病院で処方されている薬とほぼ同じなのでこちらを利用しています。気管支が弱く、一度風邪をひくと気管支炎になりやすいので、いつも常備しています。これを常備してから、咳に悩まされることが少なくなりました。必需品です。
  • あきかぜさん(30歳)
    気管支がやられやすいこの時期に毎年注文してお世話になっています。1日3〜4回と飲む回数は多いですが、意外と副作用も出にくくて助かっています。
  • りんごさん(26歳)
    ほこりが多いところに行くと咳が止まらなくなります。先日、とある友人の家に行ったらずーっと咳込んでしまいました(笑)アレルギー症状とはいえ、相手にも不快な思いをさせてしまうので、アスタリンを飲んだら1時間くらいで治まりました。
  • marikoさん(27歳)
    サルブタモールをいつも使っていますが、初めてジェネリックを使用しました。150錠でも3600円だし、財布にはとてもやさしいです。効果はいつも通りです。特に問題ないのでしばらくはこちらを使うことにします。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ