エチラーム(デパス)
  • エチラーム(デパス)

エチラーム(デパス)

特徴
エチラームは、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。
世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。

効果
エチラームの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。
その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。
効果の持続時間は6時間です。

副作用
主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。

成分量
日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
当サイトでは0.5mg/1mgの2種類が購入可能です。
  • 不安障害
  • 心身症
  • うつ病
  • 睡眠障害
  • 腰痛症

有効成分:エチゾラム/Etizolam 0.5mg・1mg

ご注文

エチラーム(デパス) 0.5mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
3,000
2,700(271錠あたり
81
売切れ

エチラーム(デパス) 1mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
5,500
4,950(491錠あたり
148
売切れ

商品詳細

※エチゾラムを含む商品は薬機法(旧:薬事法)で輸入禁止の対象となりました。

抗不安薬をお求めの方は、下記の代替え商品をご検討下さい。


バスピン

バスパー

デパス同様に抗不安・催眠・抗うつ効果を改善するアザピロン系の抗不安薬です。

セディール

新しい系統の抗不安薬で、不安の基を狙い撃ちするアザピロン系の抗不安薬です。

ソナタジェネリック

睡眠と鎮静が高い非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。


エチラームの特徴
エチラームは、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。

世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。

エチラームの効果
エチラームの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせてくれます。

うつ病や神経症などの精神的に不調な症状はもちろん、心身症など体の不調の症状などにも使われており、多様性の高い抗不安薬となっています。

その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれ、さらに筋弛緩作用では肩こりや腰痛などの症状も緩和させてくれます。

万能薬として各診療科で様々な病気に使われています。

エチラームの持続時間

持続時間は約6時間と言われており、服用後、30分~1時間ほどで効果が現れます。

エチラームの成分量
日本国内においては現在未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは0.5mg/1mgの2種類が購入可能です。

その他
エチラームはデパスのジェネリック医薬品です。

デパスは様々な症状に対して処方されており、万能薬とも言われています。

エチラームの関連ページ
下記症状に関連する商品
不安障害・抗不安薬
不眠症・睡眠薬
うつ病

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
エチゾラム- Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
エチラームは短時間型の睡眠薬です。

睡眠薬として服用する場合は30分~1時間ほどで効果が現れますので就寝直前に服用してください。

抗不安薬として服用する場合は1日3回に分けて服用してください。

服用量の目安
1回1錠0.5mgを服用してください。

推奨用量
不眠症の場合
通常成人であればエチゾラム1日1~3mgを就寝直前に1回服用してください。

うつ病、神経症の場合
通常成人であればエチゾラム1日3mgを3回に分けて服用してください。

心身症、腰痛症、筋収縮性頭痛、頸椎症の場合
通常成人であればエチゾラム1日1.5mgを3回に分けて服用してください。

年齢や症状により適宜増減しますが、高齢者の1日の最大量は1.5mgまでとしています。

食事の影響
食事と同時、もしくは食直後にエチラームを服用すると睡眠作用が弱まることがあるので避けてください。

アルコールの影響
精神、運動、知覚機能が低下するおそれがある為、アルコールとの併用は避けてください。

エチラームを服用できない方
・エチゾラムに過敏症の既往歴がある方

・重症筋無力症の方

・急性狭隅角緑内障の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。

特異な症状
依存症、呼吸抑制、肝機能障害、悪性症候群、横紋筋融解症、間質性肺炎などがあげられます。

※悪性症候群
抗精神病、抗うつ薬と併用した場合や急激に服用を中止した場合、意識障害、発汗、頻脈、不随意運動、筋肉の強張りなどの症状が生じること。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、エチラームと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体等)
眠気、血圧低下、意識障害、運動失調などを起こすおそれがあるため。

・フルボキサミンマレイン酸塩
エチラームの血中濃度を上げさせることがあるため。

・MAO阻害剤
昏睡、興奮、けいれん発作、昏睡、過鎮静などを起こすおそれがあるため。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : デパス

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • はじめさん(26歳)
    いい薬だったのに 病院にいっても処方してくれないし辛いです。 今は、バスパーで誤魔化しています。 デパス程じゃないけど、なんとか乗り切れてます。。
  • 匿名希望さん(40歳)
    本当にいい薬だった、先日ついにストックが切れたのでこの先が不安で仕方ないです ありがとうございました
  • 匿名希望さん(40歳)
    デパスが手に入らなくなって以来、初めて感じる安心な睡眠です。あーやっと気がねする事なし、毎日か、眠れると思うと、爽やかです。
  • 匿名希望さん(40歳)
    このお薬を購入するようになってから、仕事(自営業)も朝から晩まで頑張れて人並みの収入に回復し、休日も友人と楽しく出歩くことができました。 しかし販売が終了になり、遂にストックが無くなりました。現在は仕事量を減らして部屋で休む時間が多くなりました。 生命保険に加入すべく精神科通院を止めてから、あと14ヶ月で告知義務の5年が過ぎますが、この状態だと通院を再開せずにいられません。 この国は低収入者や精神疾患者をどんどん追い詰めて行きますね。 自分自身の年齢的に、企業への再就職や結婚を諦めつつあります。 最後に、今までエチラームの取り扱いに感謝致します。
  • 匿名希望さん(40歳)
    この薬で随分楽に生活できていたのに。 医者に処方された薬はバカ高いし。 ほんとふざけんなって感じ。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ