マクトリン(マクサルト)
  • マクトリン(マクサルト)
  • マクトリン(マクサルト)
  • マクトリン(マクサルト)

マクトリン(マクサルト)

更新日:
片頭痛 オススメ!!
特徴
マクトリンはスマート社が開発した、片頭痛の治療薬です。
マクサルトのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
マクトリンの主成分であるリザトリプタン安息香酸塩錠は、偏頭痛の発作時に拡張するとされている脳外の頭蓋内動脈を選択的に収縮させる事で、片頭痛の痛みを抑えます。

副作用
主な副作用は、無力症、頻脈、消化不良、顔面痛、不眠症、潮紅などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • 片頭痛

有効成分:リザトリプタン安息香酸塩錠/Rizatriptan Benzoate 10mg

ご注文

マクトリン(マクサルト) 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
4錠
1,000
950(2371錠あたり
28
カゴに入れる
20錠
5,000
4,280(2141錠あたり
128
カゴに入れる
40錠
10,000
7,600(1901錠あたり
228
カゴに入れる

マクトリン(マクサルト)を使用したお客様の声

良い評価
ウツボさん(44歳)
効き目は即効性が早いからいいけど、味がまずい。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

マクトリンの特徴
マクトリンはスマート社が開発した、片頭痛の治療薬です。

マクサルトのジェネリック医薬品で白い丸形の錠剤が特徴です。

マクトリンの効果
マクトリンの主成分のリザトリプタン安息香酸塩錠は頭蓋血管に存在する5-HT1B受容体に作用します。

片頭痛の発作時に拡張すると考えられている、脳外の頭蓋内動脈を選択的に収縮させることで、各種ペプチドの放出を妨げ、血管の拡張、硬膜炎症、中枢性疼痛を抑えます。

これらの作用によって、片頭痛の発作を改善します。

マクトリンの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入が可能です。

その他
製造会社であるスマート社はインド在住の日本人が一部監修に入り、日本人の体格や体質にあった商品を展開しています。

錠剤を小さくしたことで服用しやすくなり、錠剤シートにミシン目が入っているため持ち運びにも便利です。

マクトリンの関連ページ
片頭痛の商品一覧
片頭痛

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療品医療機器総合機構のマクサルト

服用方法・使用方法

服用のタイミング
片頭痛の発作が起きてから、すぐに服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているマクトリンの用量は10mgです。

片頭痛の発作時に1回10mgを服用してしてください。

効果を十分に得られなかった場合は用量を増やす事ができますが、前回の服用から2時間以上あけてください。

1日で服用できるのは、20mgまでとなっています。

マクトリンを使用できない方
・マクトリンの使用で過去に過敏症の既往歴のある方

・心筋梗塞の既往歴のある方

・脳血管障害や一過性脳虚血発作の既往のある方

・コントロールされていない高血圧症の方

・重度の肝機能障害を有する方

・血液透析中の方

・エルゴタミン、エルゴタミン誘導体含有製剤、あるいは他の5-HT1B/1D受容体作動薬を使用している方

・モノアミン酸化酵素阻害剤を服用中の方

・プロプラノロール塩酸塩を服用している方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、無力症、頻脈、消化不良、顔面痛、不眠症、潮紅などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、アナフィラキシーショック頻脈などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※頻脈とは?
頻脈は心拍数が増加している状態をいいます。
通常成人では、安静時に毎分50~70回とされていますが、毎分100回を超える状態を頻脈といいます。
薬物性頻脈は、薬物の中和をおこなわなければ、身体に深刻な影響を及ぼす場合があるので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、マクトリンと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・エルゴタミン製剤
(クリアミン、ジヒデルゴット、エルゴメトリンマレイン酸塩)
血圧上昇又は血管攣縮が増強されるおそれがあります。

・5-HT1B/1D受容体作動薬
(イミグラン、ゾーミッグ、アマージ)
血圧上昇又は血管攣縮が増強されるおそれがあります。

・MAO阻害剤
活性代謝物の消失半減期が延長し、血中濃度−時間曲線下面積が増加する。

・プロプラノロール塩酸塩
(インデラル)
消失半減期が延長し、血中濃度−時間曲線下面積が増加する。

併用注意
併用注意薬は、マクトリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・選択的セロトニン再取り込み阻害剤

・フルボキサミンマレイン酸塩

・パロキセチン塩酸塩水和物等

・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤

・ミルナシプラン塩酸塩

セロトニン症候群(不安、焦燥、興奮、頻脈、発熱、反射亢進、協調運動障害、下痢等)があらわれるおそれがあります。

参考サイト
使用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : マクサルト

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

インド

口コミ・レビュー

  • ウツボさん(44歳)
    効き目は即効性が早いからいいけど、味がまずい。
  • 未華子さん(26歳)
    私の場合、暑くなる季節に近づくと毎年片頭痛が起こります。 市販の鎮痛剤が効かないのでこういう薬が通販で買えるのはとても便利ですね。
  • ひよこさん(31歳)
    片頭痛持ちなんですけど、市販の薬は効かないし病院で強い薬を貰いたくても病院に行けない事情があって。痛みがひどいときは動けないし、仕事にもならないので本当に困ります。
  • ひよこさん(31歳)
    片頭痛持ちなんですけど、市販の薬は効かないし病院で強い薬を貰いたくても病院に行けない事情があって。痛みがひどいときは動けないし、仕事にもならないので本当に困ります。
  • カナメさん(35歳)
    気候のせいなのか、季節が変わる時に片頭痛がひどくて使ってます。今までは、市販の頭痛薬使ってましたが、これにしてからは効き目が早くて助かります。我慢して仕事しても集中できなかったりしましたが、これのおかげで仕事にも集中して取り組めています。今後もお世話になります。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ