セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器
  • セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器

セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器

オススメ!! 
特徴
セロフロインヘラーはシプラ社が開発した喘息、COPD治療配合剤、喘息治療配合剤です。
アドエアのジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。

効果
セロフロインヘラーの主成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩は、吸入する事で気道を広げて呼吸困難から改善する効果と、炎症を抑える効果があります。
持続時間は12時間です。

副作用
主な副作用には嗄声、口腔カンジダ症、感染症などがあげられています。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトではフルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩100mcg/250mcg、2種類が購入可能です。
  • 気管支喘息
  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫

有効成分:フルチカゾンプロピオン酸エステル/Fluticasone Propionate
     サルメテロールキシナホ酸塩/Salmeterol Xinafoate 125mcg・250mcg

ご注文

セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器 125mcg

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,000
2,700(2,7001箱あたり
81
カゴに入れる
2箱
6,000
4,860(2,4301箱あたり
145
カゴに入れる
3箱
9,000
6,480(2,1601箱あたり
194
カゴに入れる

セロフロ インヘラー(アドエア)吸入器 250mcg

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,500
3,150(3,1501箱あたり
94
カゴに入れる
2箱
7,000
5,670(2,8351箱あたり
170
カゴに入れる
3箱
10,500
7,560(2,5201箱あたり
226
カゴに入れる

商品詳細

セロフロインヘラーの特徴
セロフロインヘラーはシプラ社が開発した喘息、COPD治療配合剤、喘息治療配合剤です。

アドエアのジェネリック医薬品で、吸入タイプが特徴です。

セロフロインヘラーの効果
セロフロインヘラーの主成分であるフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩は、吸入する事で炎症を抑える効果と、気道を広げて呼吸困難から改善する効果があります。

フルチカゾンプロピオン酸エステルは炎症を抑え、サルメテロールキシナホ酸塩は気道を広げる効果があり、一緒に吸入することにより、喘息の症状の軽減を図ります。

喘息の原因となる主な理由は、アレルギー性による症状です。(ダニ・花粉・ハウスダスト・ペット・食べ物など)

アレルギー性以外にも、ストレス・タバコ・過剰運動・大気汚染などによる症状もあります。

セロフロインヘラーの持続時間
12時間です。

セロフロインヘラーの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトではフルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩100mcg/250mcg、2種類の購入が可能です。

その他
当商品は、ロタヘラー(吸入口)とロタキャップ(吸入薬)を一緒に組合わせて利用する商品です。

スポット的に使い捨てで利用されたい方は、セロフロインヘラ―をお買求め下さい。

セロフロインヘラー関連ページ
気管支喘息商品一覧
気管支喘息

服用方法・使用方法

使用方法
吸入薬剤のセット方法
吸入器の穴にロタキャップ(薬剤)を奥まで差し込みます。
吸入器のマウスピースを持って、吸入器の底を回します。
錠剤が粉末状になれば、使用可能です。
1本で約30回分です。

吸引方法
マウスピースを口の中に入れ、ゆっくりと息を吐きます。
若干、顔を上に向け、ゆっくりと息を吸い込みます。
これと同時に吸入缶を押し出します。
肺がいっぱいになる程度まで息を吸い続けてください。
吸いきったら口から吸入器を抜き、息を10秒程度止めます。
最後にゆっくりと息を吐いてください。

本剤は口腔内への吸入投与のみに使用してください。

吸入後、うがいをするようにしてください。

使用量の目安
12時間おきに1日2回吸引してください。

就寝前と朝もしくは昼に行う事をお薦めします。

発作が起きなくても、使用を続ける事で予防となりますので中止しないでください。

症状や年齢によって用法が異なりますので注意してください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

セロフロインヘラーを服用できない方
・フルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩対して過敏症の既往歴のある方

・有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の方

・結核性疾患の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には嗄声、口腔カンジダ症、感染症、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、口腔咽頭浮腫、味覚障害、心悸亢進、血圧上昇、不整脈、頭痛、振戦、睡眠障害、悪心腹痛、食堂カンジダ症関節痛、高血糖などがあげられています。

また、重篤な症状としてショック、アナフィラキシー、血清カリウム値低下、肺炎などがあげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに使用を中止し医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーとは?
アナフィラキシーの症状は様々ですが、蕁麻疹、赤み、痒みなどの皮膚症状と、くしゃみ、咳、息苦しさなどの呼吸器症状、嘔吐、腹痛などの消化器症状、血圧の低下などの循環器症状などがあります。

※血清カリウム値低下とは?
何らかの原因で血清中のカリウム濃度が低下してしまう電解質代謝異常のひとつです。
多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、乾燥肌などの症状があります。

※肺炎とは?
肺に細菌またはウイルスが入って起こる病気です。
悪寒を感じ、発熱、咳、痛み、呼吸の苦しさなどの症状があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬はセロフロインヘラーと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・CYP3A4阻害薬
CYP3A4による代謝酵素が阻害されることにより、フルチカゾンプロピオン酸エステルの血中濃度が上昇する恐れがあります。

・カテコールアミン系アドレナリン作動薬
サルメテロールキシナホ酸塩のCmax、AUCが上昇する恐れがあります。

・キサンチン誘導体、副腎皮質ステロイド、キサンチン系利尿薬
アドレナリン、イソプレナリン塩酸塩等のカテコールアミン併用により、アドレナリン作動性神経刺激の増大が起こり、そのため不整脈を起こす恐れがあります。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アドエア

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • はるみさん(26歳)
    子供の頃から喘息持ちでした。落ち着いていたのが最近再発してしまって、病院に行く時間もなく初めて購入しました。実際に使っていると発作も落ち着くし、何より携帯していると安心感が違います。発作予防のためにも今後も使い続けていきます!
  • くみさん(34歳)
    喘息で苦しくなった時にいつも助けてもらってます。 ないと困るので3本まとめて買いました
  • 信雄さん(58歳)
    喘息を抱えておりセロフロ処方のため病院にお世話になっていましたが、一時期無職でして、恥ずかしながら病院代が足りなくなりました。そんなとき輸入という方法を見つけまして、今はこちらのリピーターです。
  • 神社の神さん(39歳)
    喘息履歴がありますので、前は、わざわざ一か月につき、病院に行かなければなりません。面倒くないので、ネットでセロフロ インヘラー(アドエア)吸入器を購入しました。喘息予防の方から見れば、自分の生活を便利させちゃったのです。助かりました。
  • 小室為吉さん(36歳)
    咳が酷い時はいつもこのセロフロ インヘラーを使ってます。ちょっと強めの薬ですが、効果はすごいです。一発で咳が止まるので、初めて使う人はびっくりするかもしれないですね(笑)
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ