アリセプト・ジェネリック
  • アリセプト・ジェネリック
  • アリセプト・ジェネリック
  • アリセプト・ジェネリック
  • アリセプト・ジェネリック

アリセプト・ジェネリック

更新日:
特徴
アリセプト・ジェネリックはUK Generic社が販売しているアルツハイマー型、レビー小体型認知症の治療薬です。
アリセプトのジェネリック医薬品で、黄色で丸形の錠剤が特徴です。

効果
アリセプト・ジェネリックの主成分であるドネペジルは、アセチルコリン物質を分解させアセチルコリンエステラーゼと呼ばれる酵素の分泌を抑える効果があります。

副作用
主な副作用には食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症

有効成分:ドネペジル/Donepezil 10mg

ご注文

アリセプト・ジェネリック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
1,800
1,620(571錠あたり
48
カゴに入れる
56錠
3,600
2,920(521錠あたり
87
カゴに入れる
84錠
5,400
3,880(461錠あたり
116
カゴに入れる

アリセプト・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
小泉さん(61歳)
定年退職してから、一気に物忘れがひどくなった気がします。物や人の名前が出てこなかったり、ちょっとしたことを忘れたりすることがありました。ただ、症状が激しいわけでもなく、日常生活に支障をきたすまでのレベルではないことから、病院に行くのもどうなのかと思っていました。アリセプトを使ってからはずいぶん物忘れがなくなったと思います。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

アリセプト・ジェネリックの特徴
アリセプト・ジェネリックはUK Generic社が販売しているアルツハイマー型、レビー小体型認知症の治療薬です。

アリセプトのジェネリック医薬品で、黄色で丸形の錠剤が特徴です。

アリセプト・ジェネリックの効果
アリセプト・ジェネリックの主成分であるドネペジルは、アセチルコリン物質を分解させアセチルコリンエステラーゼと呼ばれる酵素の分泌を抑える効果があります。

アルツハイマー病は、脳内のあるアセチルコリン物質が不足することで伝達が阻害される症状です。

アリセプト・ジェネリックは、アセチルコリン物質を分解させアセチルコリンエステラーゼと呼ばれる酵素の分泌を抑えます。

そうすることで脳内のアセチルコリンが増加し、伝達がスムーズになります。

軽度~中度のアルツハイマー病の方に効果的とされ早期治療であれば、症状を数ヶ月~1年ほど前に戻すことができると言われています。

アリセプト・ジェネリックの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入可能です。

その他
軽度~中度の認知症の方にお薦めの商品です。

アリセプト・ジェネリックの関連ページ
認知症商品一覧
認知症

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ドネペジル - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
1日1回、水かぬるま湯で服用してください。

服用量の目安
・アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制

1日1回3mgから開始してください。

1~2週間後に5mgに増量して服用してください。

高度のアルツハイマー型認知症の方は、5mgで4週間以上経過後、10mgに増量してください。

なお、症状により服用量は減量します。

・レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

1日1回3mgから開始してください。

1~2週間後に5mgに増量して服用してください。

5mgで4週間以上経過後、10mgに増量してください。

なお、症状により5mgまで減量できます。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

アリセプト・ジェネリックを服用できない方
・ドネペジルまたはピペリジン誘導体に対して過敏症の既往歴のある方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢、発疹、そう痒感、腹痛、便秘、興奮、不眠、眠気、振戦、頭痛、めまい、動悸、血圧上昇、血圧低下、頻尿、貧血などがあげられます。

また、重篤な副作用としてはQT延長、心室頻拍、心室細動、心筋梗塞、心不全、消化性潰瘍、肺炎、脳性発作、錐体外路障害、悪性症候群、呼吸困難があげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アリセプト・ジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・スキサメトニウム塩化物水和物
薬剤の脱分極性筋弛緩の効果を増強させる恐れがあります。

・ムスカリン性コリン受容体作動薬、コリンエステラーゼ阻害薬
本剤とともにコリン作動性の効果メカニズムを有しています。

・CYP3A阻害剤、ブロモクリプチンメシル酸塩、イストラデフィリン
本剤の代謝を阻害し、効果を増強させる恐れがあります。

・カルバマゼピン、デキサメタゾン、フェニトイン、フェノバルビタール、リファンピシン
本剤の代謝を促し、効果を減少させる恐れがあります。

・ムスカリン性コリン受容体拮抗薬
本剤と抗コリン剤の効果が相互に拮抗する恐れがあります。

・非ステロイド性抗炎症薬
コリン系の賦活により胃酸分泌が促される恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アリセプト

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • 小泉さん(61歳)
    定年退職してから、一気に物忘れがひどくなった気がします。物や人の名前が出てこなかったり、ちょっとしたことを忘れたりすることがありました。ただ、症状が激しいわけでもなく、日常生活に支障をきたすまでのレベルではないことから、病院に行くのもどうなのかと思っていました。アリセプトを使ってからはずいぶん物忘れがなくなったと思います。
  • 木本さん(49歳)
    物忘れがだんだん増えてきてので、飲み始めました。周りからも減ってきたねと言われるようになってきました。
  • ツヴァイさん(46歳)
    テレビでアルツハイマーの特集を見た私は、最近物忘れの酷い自分の身を案じるようになりました。アリセプト・ジェネリックを飲み始めてからは物忘れが少しマシになった、かも。
  • くまもんさん(36歳)
    思っていたよりも早く届いてくれました!ちょっと高いかな?と思いますが効果をしっかり感じれるのでイイ買い物でした!
  • 今井さん(49歳)
    物忘れが自分でも分かるぐらい、酷くなってきたので飲んでます。ちょっとした物忘れは減ってきてますよ。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ