メトグルコ・ジェネリック
  • メトグルコ・ジェネリック

メトグルコ・ジェネリック

更新日:
特徴
メトホルミンはアクタビス社が開発した2型糖尿病の治療薬です。
日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

効果
メトホルミンの主成分であるメトホルミンは糖の生成を抑え、血糖値を減少させる効果があります。
また、筋肉への糖の吸収を促し、腸管での糖の吸収を抑えます。

副作用
主な副作用は、低血糖、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは500mgが購入可能です。
  • 糖尿病(食後過血糖の改善)

有効成分:メトホルミン/Metformin 500mg

ご注文

メトグルコ・ジェネリック 500

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
2,100
1,890(671錠あたり
56
カゴに入れる
56錠
4,200
3,400(601錠あたり
102
カゴに入れる
112錠
8,400
5,440(481錠あたり
163
カゴに入れる
100錠
3,600
3,240(321錠あたり
97
カゴに入れる

メトグルコ・ジェネリックを使用したお客様の声

良い評価
イタリヤさん(53歳)
生活習慣と早食いなため糖尿病と診断されました。 親父も糖尿病予備軍で、糖尿病になりやすい体質を持っているのかもしれません。 病状が深刻になる前にこちらの商品で完治させたいと思います!
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

メトホルミンの特徴
メトホルミンはアクタビス社が開発した2型糖尿病の治療薬です。

日本でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

メトホルミンの効果
メトホルミンの主成分の、メトホルミンは2型糖尿病の改善薬として用いられ、インスリン抵抗性を改善し、インスリンの働きを向上させるビグアナイト系の薬です。

2型糖尿病とは、生活習慣や肥満などが原因で血糖値の上昇を抑えるインスリンの働きが上手く行われなくなってしまった状態です。

メトホルミンは肝臓に作用することで糖を作り出す糖新生という働きを抑え、血糖値を減少させる効果があります。

また、筋肉へ糖を取り込む働きを促して血統値を下げたり、腸管でのグルカゴンというホルモンの働きを抑えて糖の吸収を抑える効果もあります。

3つの作用でメトホルミンは血糖値を減少します。

メトホルミンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは500mgの購入が可能です。

その他
メトグルコと同等の効果をもちながら、メトグルコに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

2型糖尿病の治療で、食事療法と運動両方やスルホニルウレア剤を服用しても効果が得られない場合に初めて服用してください。

メトホルミンの関連ページ
糖尿病・高血糖値治療薬一覧
糖尿病・高血糖値薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
メトホルミン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
食後

服用量の目安
当サイトで取り扱っているメトホルミンの用量は500mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1日500mgを食後に2~3回に分けて服用してください。

用量は効果を確認しながら調整しますが、1日で服用できる上限は750mgまでです。

推奨用量
成人には1日量を500mgから開始し、1日2~3回食後に分割経口投与することが推奨されています。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

メトホルミンを服用できない方
・本剤の成分やビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方

・乳酸アシドーシスの既往歴のある方

・腎臓機能障害のある方

・透析を行っている方

・肝臓機能障害のある方

・心血管系、肺機能に重度の障害がある方や、低酸素血症が生じやすい方

・過度にアルコールを摂取している方

・脱水症状、下痢、嘔吐などの胃腸障害のある方

・高齢者

・糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方

・重症感染症、手術前後、重症な外傷のある方

・飢餓状態、衰弱状態、栄養不良状態、副腎機能不全の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、肝臓機能障害、消化器障害、発疹、そう痒症、代謝異常、頭痛、筋肉痛、めまい、動悸などがあげられます。

その他に、重大な副作用として、乳酸アシドーシス、低血糖、黄疸、横紋筋融解症などが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、メトホルミンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ヨード造影剤
乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・腎毒性の強い抗生物質
脱水症状を起こし、乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・利尿剤、SGLT2阻害剤
脱水症状を起こし、乳酸アシドーシスが生じる恐れがあります。

・糖尿病用薬、インスリン製剤、スルホニルウレア剤、チアゾリジン系薬剤、GLP-1受容体作動薬、モノアミン酸化酵素阻害剤、サリチル酸剤、アスピリン、β-遮断剤など
低血糖が生じる恐れがあります。

・アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモン、利尿剤、フェノチアジン系薬剤など
血糖減少作用が弱まる恐れがあります。

・シメチジン、ドルテグラビル、バンデタニブ
メトホルミンの血中濃度が上昇し、効果が強まる恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メトグルコ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • イタリヤさん(53歳)
    生活習慣と早食いなため糖尿病と診断されました。 親父も糖尿病予備軍で、糖尿病になりやすい体質を持っているのかもしれません。 病状が深刻になる前にこちらの商品で完治させたいと思います!
  • ささみさん(23歳)
    私の身長体重は、158cm59kgだったのですが、食後にメルビンを飲み始めてから1ヵ月で3.5kg落とすことができました。炭水化物を食べたあとに少し多めに服用したときに、低血糖になってしまい仕事中にもかかわらず眠くなり大変でした。規定の量以上は服用しないよう以後気をつけています。ゆっくり無理せず痩せれるのでオススメです。個人輸入で買うのは初めてでしたが配達もそんなに遅くなかったので満足です。
  • 万年ダイエッターさん(39歳)
    おぉ〜。あんなにバクバクと好きなもの食べていましたが、食欲がおさまってきました。今は本当に空腹を感じないと、食べたくない。前までは意味もなく、口寂しくなったら食べていたのに!やっとメタボ解消できそうです。
  • カマスさん(34歳)
    食べ歩きが好きで、出先でついつい食べ過ぎてしまいます。最近メタボ気味になっているので、これを飲んで普段の食欲を抑えようと思います。
  • ピテクスさん(28歳)
    糖尿病だった祖父に体型や食べ物の趣味が似てきて身の危険を感じるようになったので予防するべく飲み始めました。運動や食事など普段の生活習慣も見直し中です。この間久しぶりに実家へ帰ったら母親から「体型も顔色も健康的になってきた」と褒められたので効果は出てるんだと思います。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ