ダイアン35
  • ダイアン35
  • ダイアン35
  • ダイアン35
  • ダイアン35

ダイアン35

特徴
ダイアン35はバイエル社が開発した経口避妊薬です。
ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、黄色く小さい丸形の錠剤が特徴です。
当サイトで取り扱っているダイアン35はバイエル社が製造・販売している正規品です。

効果
ダイアン35の主成分である酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。
万一排卵しても、子宮頚管粘液の性状が変化し精子の侵入を防ぐだけでなく、子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害するなど、高い避妊効果があります。

副作用
副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には頭痛、乳房緊満感、嘔吐、不正出血などがあげられています。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは酢酸シプロテロン2mg/エチニルエストラジオール0.035mg、1シート21錠が購入可能です。
  • 避妊

有効成分:酢酸シプロテロン/Cyproterone acetate 2mg
     エチニルエストラジオール/Ethinylestradiol 0.035mg

ご注文

ダイアン35 21錠

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,100
1,500(1,5001箱あたり
45
カゴに入れる
3箱
6,300
4,050(1,3501箱あたり
121
カゴに入れる
6箱
12,600
7,200(1,2001箱あたり
216
カゴに入れる

商品詳細

ダイアン35の特徴
ダイアン35はバイエル社が開発した経口避妊薬です。

ホルモン含有量の少ない低用量ピルで、黄色く小さい丸形の錠剤が特徴です。

ダイアン35の効果
ダイアン35の主成分である酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールは、排卵を抑え、子宮頚管粘液の性状の変化により精子の子宮内侵入を防ぎ、子宮内膜の変化により、受精卵の着床を抑えることで避妊効果があります。

また痛みの元となる物質の産生が抑えられ、子宮内膜を薄くし、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させる効果があります。

生理時またはその直前からの下腹部痛や腰痛などの生理痛やイライラ感、脱力感、憂うつな気分になるなどのさまざまな症状の緩和にも効果があると言われています。

また男性ホルモンを抑えるため、ニキビ、多毛症にも効果があると言われています。

ダイアン35の成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでも酢酸シプロテロン2mg/エチニルエストラジオール0.035mg、1シート21錠の購入が可能です。

ダイアン35の開発史
1973年に初めて市販され、医療用として初めて導入された抗アンドロゲン剤です。

ニキビや過度の髪の成長などの、女性化ホルモン療法の成分としても使用されています。

その他
体格の小さいアジア人向けに開発された薬です。

避妊目的で使用する場合、飲み忘れると避妊効果が低下する可能性があるため注意してください。

毎日服用することで生理痛の軽減や生理周期の安定に改善効果があります。

※こちらの商品は、製造時期や発送倉庫によって製造が「Schering」と印字されていたり、デザインが多少変わる場合が御座います。
Schering社はBayer社と経営統合しており、デザインが異なる以外は、含有成分や品質は全て同じとなりますのでご安心下さい。

ダイアン35の関連ページ
低用量ピル商品一覧
低用量ピル

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

毎日服用することで、避妊効果が発揮されます。

飲み忘れてしまうと効果が低下する可能性があるので注意してください。

前日飲み忘れてしまった際は、直ちに前日の飲み忘れた分を服用し、当日分は通常の時間に服用してください。

2日以上飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点で前日分の1錠を服用し、当日分は通常の時間に服用し、その後は服薬のスケジュールどおり継続服用してください。

服用量の目安
1日1錠を服用してください。

生理開始から24時間以内に服用し、生理開始日を1シートの1日目として21日間連続服用してください。

21日間連続服用後、7日間の休薬期間を取ってください。

29日目以降は新しいシートを継続服用してください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

ダイアン35を服用できない方
・酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールに対して過敏症の既往歴のある方

・35歳以上で1日15本以上喫煙する方

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴のある方

・重篤な腎障害または肝障害のある方

・高血圧の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は少ないと言われていますが、頭痛、乳房緊満感、嘔吐、不正出血などがあげられます。

また、重篤な副作用としては血栓症があげられます。

血栓症の症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※血栓症とは?
血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞することです。血栓症は四肢、肺、心臓、脳、網膜などにあらわれることがあります。
下肢の急激な疼痛、腫脹、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力、麻痺、構語障害、急性視力障害などの症状があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、ダイアン35と相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・オムビタスピル水和物

・パリタプレピル水和物

・リトナピル配合剤

併用注意
併用注意薬は、ダイアン35と併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤、セレギリン塩酸塩
これらの薬の代謝を抑える恐れがあります。

・テトラサイクリン系抗生物質、ペニシリン系抗生物質
これらの薬は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑える恐れがあります。

・血糖降下剤
耐糖能を低下させ、血糖降下剤の効果を弱める恐れがあります。

・HIVプロテアーゼ阻害薬、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
エチニルエストラジオールのAUCが減少する恐れがあります。

・ラモトリギン
肝におけるラモトリギンのグルクロン酸抱合が促されます。

・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
この食品は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促す恐れがあります。

参考サイト
商品詳細のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Cyproterone acetate - Wikipedia

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ゆいこさん(30歳)
    ピルって合わないのだと結構気持ち悪くなったりで副作用が心配なんですけど、これは自分に合ってるみたいです。アジア人向けだからですかね。安心して使えます。病院に行かなくても買えるのは助かります。以前は不規則だった生理周期も安定して満足です。
  • 強く気高くさん(41歳)
    なかなかピルを処方してもらうために産婦人科にいくっていうのも大変なのよね。 通販で買えるならもう少しそういったことへの配慮を国がしてくれても良いと思うけど。
  • うわじんさん(28歳)
    海外の薬は日本人が使うのはどうだろうって思ってましたがこれはアジア向けなので買ってみました。特に問題はなく使えてます^^
  • まやみさん(22歳)
    7年間で4種類ほど1相性のピルを使ってきました。ダイアンはむくみやニキビが出ることが全くなく、生理も正確に来るしツルツル小粒で見た目もかわいいのでとても気に入っています。このサイトで買える種類の中では一番気に入っています。 お値段が少し高いのと、パッケージの曜日表記が変わってしまって使いにくい(前は英語だった→いま何語かわからない読めない)ので☆マイナス1
  • みなみさん(27歳)
    自分は体が小さいのでダイアン35使ってます。友達に教えてもらったんですが、ほんとに助かってます。また購入します。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ