アモキシシリン
  • アモキシシリン
  • アモキシシリン
  • アモキシシリン
  • アモキシシリン

アモキシシリン

更新日:
特徴
アモキシシリンはBristol Laboratories社が開発した細菌感染症の治療薬です。
主に梅毒の治療に用いられます。
サワシリンやパセトシンのジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。

効果
アモキシシリンの主成分であるアモキシシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

副作用
主な副作用は、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
  • 淋菌
  • 梅毒
  • 麦粒腫
  • 咽頭炎
  • ピロリ感染症
  • 急性気管支炎
  • 胃潰瘍

有効成分:アモキシシリン/ Amoxicillin 250mg・500mg

ご注文

アモキシシリン 250mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
21錠
1,500
1,420(671錠あたり
42
カゴに入れる
63錠
4,500
3,830(601錠あたり
114
カゴに入れる
105錠
7,500
5,680(541錠あたり
170
カゴに入れる

アモキシシリン 500mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
21錠
2,000
1,900(901錠あたり
57
カゴに入れる
42錠
4,000
3,420(811錠あたり
102
カゴに入れる
63錠
6,000
4,560(721錠あたり
136
カゴに入れる

商品詳細

アモキシシリンの特徴
アモキシシリンはBristol Laboratories社が開発した細菌感染症の治療薬です。

主に梅毒の治療に用いられます。

サワシリンやパセトシンのジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。

アモキシシリンの効果
アモキシシリンの主成分のアモキシシリンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるペニシリン系の抗生物質です。

細菌を構成する細胞には一番外側に細胞壁という部分があります。

細胞壁を失うことで細菌は自らの形状を維持できなくなり死滅します。

細菌が細胞壁を生成するためにはPBP(ペニシリン結合タンパク質)という物質が必要です。

アモキシシリンはこのPBPに結合することで細胞壁を生成する働きを抑えます。

結果的に細胞壁が破壊され、細菌の増殖を抑えられ死滅と抗菌に効果があります。

主に梅毒の治療に用いられますが、他にも淋病、ものもらい、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、急性気管支炎、ピロリ感染症、咽頭炎、胃潰瘍などの細菌感染症にも適応があります。

アモキシシリンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは250mg/500mgの2種類の購入が可能です。

その他
アモキシシリンは時間依存性の抗生物質であるため、1日数回の服用が必要になります。

アモキシシリンの関連ページ
淋病治療薬一覧
淋病薬

梅毒治療薬一覧
梅毒薬

胃炎、肝臓病商品一覧
胃炎、肝臓病薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アモキシシリン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
アモキシシリンは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているアモキシシリンの用量は250mg/500mgの2つがありますが、500mgはピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

1回250mgを1日3~4回服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
1回250mgを1日3~4回経口投与することが推奨されています。

しかし、年齢、症状に応じ適宜増減してください。

服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

アモキシシリンを服用できない方
・ペニシリン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方

・アモキシシリンを服用してショックの既往歴のある方

・伝染性単核症の方

・発疹や蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質の方

・高度の腎臓障害のある方

・経口摂取の不良な方

・高齢者

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。

頻度不明な重大な副作用として、アナフィラキシー、大腸炎、皮膚障害、血液障害、肝臓障害、腎臓障害などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アモキシシリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ワーファリン
ワーファリンの効果が強まる恐れがあります。

・避妊薬
避妊薬の効果が弱まる可能性があります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アモキシシリン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

  • りょうじさん(34歳)
    淋病に頻繁になるのですが、同じ抗生物質だと耐性がついてしまうのが嫌だったのでいつもと違う薬を使ってみました。ちゃんと膿が出なくなったので効いているのだと思います。
  • てちさん(30歳)
    いろんな症状に対しての効果がある薬なんですね!自分は淋病になってしまい使いましたが、普通の感染系の症状に効くって書いてあったので、今度はそっちにも使ってみようと思います。
  • かおりさん(21歳)
    彼氏がどこからか淋病を貰ってきたので、通販しました。
  • ラッパーさん(26歳)
    淋病のときの尿道の痛みはマジヤバイ…。 色々商品見たけどネットで治療薬買えるなら今より遊べるかな
  • momoさん(27歳)
    普通に医者で処方されたやつと同じと思って購入☆これからの季節はちょっとこういうのもっておかないと…まじ卍だから
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ