ジルテック
  • ジルテック

ジルテック

更新日:
特徴
ジルテックはUCB FARCHIM SA. BULLE社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。
ジルテックは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品となっており、低価格でお求めいただけます。

効果
ジルテックの主成分であるセチリジンは第2世代の抗ヒスタミン薬となっており、改良が加えられ、従来のアレルギー治療薬の問題点であった眠気も抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。

副作用
主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは10mgが購入可能です。
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 痒疹
  • 皮膚そう痒症

有効成分:セチリジン/Levocetirizine 10mg

ご注文

ジルテック 10mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
10錠
2,000
1,800(1801錠あたり
54
カゴに入れる
20錠
2,880
2,500(1251錠あたり
75
カゴに入れる
30錠
3,760
3,300(1101錠あたり
99
カゴに入れる

ジルテックを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ジルテックの特徴
ジルテックはUCB FARCHIM SA. BULLE社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。

花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で知られるジルテックのジェネリック医薬品で、お買い求め安い人気の高い商品です。

ジルテックの効果
ジルテックの主成分であるセチリジンは花粉症などのアレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」とH1受容体が結びつくことを防ぐことで、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和・抑制します。

ジルテックが第2世代の抗ヒスタミン薬と称されるのは、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて即効性があり、接続時間が長く、脳へ作用することで起こる眠気なども抑えることができます。

しかし、ジルテックは対症療法薬のため、症状を緩和することはできますが、症状を完治することはできません。

ジルテックの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは10mgの購入が可能です。

その他
ジルテックは従来の抗ヒスタミン薬と比べて眠くなりにくいため、自動車の運転する前など様々な場面での服用が可能ですが、症状の原因を治療する効果はないので注意が必要です。

ジルテックの関連ページ
アレルギー性鼻炎の商品一覧
アレルギー性鼻炎

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
セチリジン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
ジルテックは就寝前に服用するのが正しい飲み方です。

食後よりも空腹時の方がより効果を発揮するとされています。

服用量の目安
1日1回1錠(10mg)の服用となります。

1日の最高投与量は20mgまでとなっています。

なお、症状によって適切な用量に調整してください。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

推奨用量
成人において1回10mgを1日1回、就寝前に経口投与することが推奨されています。

食事の影響
ジルテックの主成分である、セチリジンは食後・食前の縛りを受けていません。

アルコールの影響
ジルテックはアルコールとの相互作用は報告されていないので、ジルテックとアルコール・飲酒の飲み合わせは問題ないとされています。

しかし、薬とアルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

ジルテックを服用できない方
・ジルテック成分セチリジンまたはピペラジン誘導体(レボセチリジン、ヒドロキシジンを含む)に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

・重い腎障害(クレアチニンクリアランス10ml/min未満)の方

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、頭痛、口の渇き、吐き気、過敏症などがあげられます。

頻度不明の重大な副作用として、アファフィラキシー、肝機能障害、血小板減少などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ジルテックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・テオドール
テオドールとの併用によて、ジルテックの曝露量(薬にさらされている薬物量)が増加するとの報告があります。

・ノービア
ノービアとの併用によって、ジルテックの曝露量が40%増加し、リトナビルの曝露量がわずかに低下するとの報告があります。

・中枢神経抑制剤
中枢神経抑制剤を併用してしまうと、中枢神経系に影響を与える可能性があるので併用には十分な注意が必要です。

・サンリズム
ジルテックとサンリズムの併用によって、お互いの血中濃度が上昇しサンリズムの副作用が現れたとの報告があります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ジルテック

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

タイ

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ