シレスト
  • シレスト

シレスト

更新日:
特徴

シレストはJanssen-Cilag Ltd社が開発した経口避妊薬です。
1箱に63錠入っているので、3期分となっておりコストパフォーマンスに優れています。
また、避妊だけでなく、月経周期の安定やニキビにも効果がある医薬品です。

効果
シレストの主成分であるノルゲスチメートとエチニルエストラジオールは、排卵を抑える効果があります。
これらの主成分は黄体ホルモンと卵胞ホルモンとなっており、連続服用することで子宮内膜も変化し、受精卵の着床を阻害します。
また子宮頸管粘液の組性が変化することで精子の通過も阻止します。
よって高い避妊効果のある低用量ピルとなっています。

副作用
副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐などがあげられます。
  • 抗ニキビ薬,
  • 避妊薬

有効成分:ノルゲスチメート/エチニルエストラジオール

ご注文

シレスト 63錠

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,590
5,020(5,0201箱あたり
150
カゴに入れる

シレストを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

シレストは黄体ホルモンと卵胞ホルモンである、ノルゲスチメートとエチニルエストラジオールを配合した低用量ピルとなっています。

効果
シレストの主成分であるノルゲスチメートとエチニルエストラジオールは、、排卵を抑え、子宮頚管粘液の性状や組性の変化により精子の子宮内侵入を防ぎ、子宮内膜の変化により、受精卵の着床を抑えることで避妊効果があります。

また痛みの元となる物質の産生が抑えられ、子宮内膜を薄くし、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させる効果があります。

生理時またはその直前からの下腹部痛や腰痛などの生理痛やイライラ感、脱力感、憂うつな気分になるなどのさまざまな症状の緩和にも効果があると言われています。

また男性ホルモンを抑えるため、ニキビ、多毛症にも効果があると言われています。

その他

日本国内での処方は行っておりません。

避妊目的で使用する場合、飲み忘れると避妊効果が低下する可能性があるため注意してください。

毎日服用することで生理痛の軽減や生理周期の安定に改善効果があります。

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

毎日服用することで、避妊効果が発揮されます。

飲み忘れてしまうと効果が低下する可能性があるので注意してください。

前日飲み忘れてしまった際は、直ちに前日の飲み忘れた分を服用し、当日分は通常の時間に服用してください。

2日以上飲み忘れてしまった場合は、今回のクールを中断し、次回月経を待って終わり次第服用を再開してください。

服用量の目安
1日1錠を服用してください。

生理開始から24時間以内に服用し、21日連続服用してください。
その後7日間、休薬した後に29日目から次シートの服用を開始してください。
上記の繰り返しで服用を続けてください。

食事とアルコールの影響
現在報告されておりません。

シレストを服用できない方
・ノルゲスチメートとエチニルエストラジオールに対して過敏症の既往歴のある方

・35歳以上で1日15本以上喫煙する方

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴のある方

・重篤な腎障害または肝障害のある方

・高血圧の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師や薬剤師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐、下腹部痛などがあげられます。

また、重篤な副作用としては血栓症 あげられます。

血栓症の症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※血栓症とは?
血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞することです。血栓症は四肢、肺、心臓、脳、網膜などにあらわれることがあります。
下肢の急激な疼痛、腫脹、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力、麻痺、構語障害、急性視力障害などの症状があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、シレストと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・オムビタスピル水和物

・パリタプレピル水和物

・リトナピル配合剤

併用注意
併用注意薬は、シレストと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤、セレギリン塩酸塩
これらの薬の代謝を抑える恐れがあります。

・テトラサイクリン系抗生物質、ペニシリン系抗生物質
これらの薬は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑える恐れがあります。

・血糖降下剤
耐糖能を低下させ、血糖降下剤の効果を弱める恐れがあります。

・HIVプロテアーゼ阻害薬、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
エチニルエストラジオールのAUCが減少する恐れがあります。

・ラモトリギン
肝におけるラモトリギンのグルクロン酸抱合が促されます。

・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
この食品は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促す恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : トリキュラー

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ
%%REVIEW_SCRIPT%%