ゾコン(ジフルカン)
  • ゾコン(ジフルカン)
  • ゾコン(ジフルカン)

ゾコン(ジフルカン)

更新日:
特徴
ゾコンはFDC社が開発した抗真菌薬です。
日本でも処方されているジフルカンのジェネリック医薬品で、薄ピンク色の丸形の錠剤が特徴です。

効果
ゾコンの主成分であるフルコナゾールは真菌(カビ)の増殖を抑え、カンジダ症、水虫、いんきんたむしなどの他にも、体内の奥底に感染する深在性真菌症の治療にも効果があります。

副作用
主な副作用は、肝臓機能障害、発疹、消化器障害、神経障害などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは100mgが購入可能です。
  • カンジダ症
  • クリプトコッカス症

有効成分:フルコナゾール/Fluconazole 100mg

ご注文

ゾコン(ジフルカン) 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
40錠
7,000
6,300(1571錠あたり
189
カゴに入れる
80錠
14,000
11,340(1411錠あたり
340
カゴに入れる
120錠
21,000
15,120(1261錠あたり
453
カゴに入れる

ゾコン(ジフルカン)を使用したお客様の声

良い評価
かおりさん(29歳)
もともと水虫になりやすかったので、このゾコンも購入していました。ゾコンはカンジタにも効果があるとのことで、万が一の時のために、使っていませんでした。そのためカンジタっぽいなと思ってすぐに服用することが出来ました。効果もしっかり感じることが出来ました。服用タイプなので、体内から原因に直接効く気がして効果も高く感じました。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ゾコンの特徴
ゾコンはFDC社が開発した抗真菌薬です。

日本でも処方されているジフルカンのジェネリック医薬品で、薄ピンク色の丸形の錠剤が特徴です。

ゾコンの効果
ゾコンの主成分のフルコナゾールは、真菌(カビ)の増殖を抑える働きがあります。

フルコナゾールは抗真菌薬としてアゾール系に属し、真菌の細胞膜や酵素の成分であるエルゴステロールに介入します。

皮膚真菌症の原因となる真菌の細胞膜を構成する物質であるエルゴステロールの働きを阻害し、血中テストステロン濃度を低下させ真菌の細胞膜の生成を抑えます。

特にカンジダ症や水虫などの真菌の増殖を抑える効果が高いです。

内服薬であるため、体内の奥底に感染する深在性真菌症の治療に効果的です。

ゾコンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは100mgの購入が可能です。

その他
ジフルカンと同等の効果をもちながら、ジフルカンに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

水虫やいんきんたむしなどの感染症の治療にはクリームタイプやジェルタイプの外用薬がお薦めです。

女性の不感症を改善する効果があるとして販売されている場合がありますが、先発薬の製造会社であるファイザー社は不感症への効果は一切認めておらず、1999年に個人輸入業者に対して警告文書が送られています。

不感症治療薬としての購入は控えてください。

ゾコンの関連ページ
人気のジェネリック医薬品
ジフルカン・ジェネリック

カンジダ治療薬一覧
カンジダ薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
フルコナゾール - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
ゾコンは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
当サイトで取り扱っているゾコンの用量は100mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

症状によって用量が異なります。

カンジダ症の場合、1日1回50~100mgを服用してください。

クリプトコッカス症の場合、1日1回50~200mgを服用してください。

造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防の場合、1日1回400mgを服用してください。

カンジダ症による膣炎や外陰膣炎の場合、1回150mgを服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

途中で服用を止めてしまうと症状が再発する可能性があります。

推奨用量
推奨されている服用量は症状の種類や状況によって異なります。

カンジダ症による膣炎や外陰膣炎の治療には4~7日間の服用が推奨されています。

服用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

ゾコンを服用できない方
・フルコナゾールが含まれた医薬品の服用や服用で過去に過敏症の既往歴のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、肝臓機能障害、発疹、消化器障害、頭痛、めまい、腎臓障害、代謝異常、発熱、けん怠感などがあげられます。

頻度不明な重篤な副作用として、アナフィラキシー、皮膚粘膜眼症候群、薬剤性過敏症症候群、血液障害、急性腎不全、意識障害、偽膜性大腸炎などの症状が現れる場合があります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、ゾコンと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・ハルシオン
血中濃度が上昇し、効果が強まったり作用時間が延長してしまう恐れがあります。

・エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン
血中濃度が上昇し、血管れん縮などを引き起こす恐れがあります。

・キニジン、ピモジド
血中濃度が上昇し、QT延長などを引き起こす恐れがあります。

・アスナプレビル、ジメンシー配合剤
血中濃度が上昇し、肝胆道系の副作用が強まる恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、ゾコンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ワーファリン
プロトロンビン時間の延長、出血などが生じる恐れがあります。

・フェニトイン、イブプロフェン、フルルビプロフェン
血中濃度上昇の恐れがあります。

・ロサルタン
カルボン酸体の血中濃度減少が生じる恐れがあります。

・カルバマゼピン
悪心・嘔吐、めまい、複視などが生じる恐れがあります。

・タクロリムス水和物、シクロスポリン
腎障害が生じる恐れがあります。

・リトナビル、サキナビル、オキシコドン
AUC上昇の恐れがあります。

・経口避妊薬
エチニルエストラジオール、レボノルゲストレルの血中濃度上昇が生じる恐れがあります。

・三酸化ヒ素
QT延長、心室頻拍が生じる恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : フルコナゾール

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • かおりさん(29歳)
    もともと水虫になりやすかったので、このゾコンも購入していました。ゾコンはカンジタにも効果があるとのことで、万が一の時のために、使っていませんでした。そのためカンジタっぽいなと思ってすぐに服用することが出来ました。効果もしっかり感じることが出来ました。服用タイプなので、体内から原因に直接効く気がして効果も高く感じました。
  • きょうへーさん(30歳)
    自分は水虫の治療に使用。塗り薬だとすぐ取れてしまうから飲み薬に変えました。治り早くて助かります。
  • マイコさん(29歳)
    先月カンジタになってしまい病院にお世話になりました。行為後はちゃんとお風呂に入って清潔にしているにしているのにも関わらず、カンジタになってしまいました。医者に「清潔にしててもなるの?」と聞いたところ、「なる」ということを言われました。私のように行為後にお風呂に入っても、カンジタになる人は多いようで、今後カンジタになりたくないので、ゾコンを購入しました。値段もお手ごろで、すぐ飲めるようにカバンなどにいつも入れておこうと思います。
  • ririさん(28歳)
    2回目の購入になります。香りの強いボディーソープとか使ったりすると、アソコが痒くなるので、そういう時に服用してます。痒みはわりと早く治まるので、1週間くらい服用するようにしてます。以前に何度かボディーソープとか、おりものシートでアソコが痒くなったり、おりものが増えたりした事があって、産婦人科で診てもらったらカビと言われて。この薬はカビにも効くから、ネットで購入するようになってからは病院に行かなくて済んでます。
  • ナナさん(26歳)
    カンジダになったことがあってから、もうかかりたくないって思って購入。予防できるって書いてあったし、不感症にも効くて書いてあったから、両方の使い方してます。不感症じゃないけどマンネリ化したくはない時とか使ってます。今の所使い始めてからカンジダにはかかってないから、効果あるんだなと思います。これからもリピートしまーす!
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ