カブゴリン(カベルゴリン)
  • カブゴリン(カベルゴリン)

カブゴリン(カベルゴリン)

更新日:
特徴
カブゴリンはパーキンソン病の治療薬として開発された医薬品で白い丸型の錠剤が特徴です。

効果
パーキンソン病の症状の改善や乳汁分泌などに関連するプロラクチンとうホルモンの過剰分泌を抑制します。
副作用として射精後の無力感を抑制や性欲の回復を向上させる効果や早漏の改善効果が期待できる可能性が有ります。

副作用
主な副作用は、幻覚・妄想・嘔気・ふらつき、食欲不振、興奮、息苦しさ、発疹、排尿障害などがあげられます。

成分量
日本国内では0.25mg/1mgの2種類のみ処方されています。
当サイトでは0.5mgの購入が可能です。

    有効成分:カベルゴリン /Cabergoline  0.5mg

    ご注文

    カブゴリン(カベルゴリン) 0.5mg

    内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
    4錠
    2,800
    2,520(6301錠あたり
    75
    カゴに入れる
    12錠
    8,400
    6,980(5811錠あたり
    209
    カゴに入れる
    20錠
    14,000
    10,280(5141錠あたり
    308
    カゴに入れる

    カブゴリン(カベルゴリン)を使用したお客様の声

    良い評価
    さん(歳)
    良い評価の口コミが投稿されていません。
    悪い評価
    さん(歳)
    悪い評価の口コミが投稿されていません。
    他の口コミ・レビューを見る

    商品詳細

    カブゴリンの特徴
    カブゴリンはパーキンソン病の治療薬として開発された医薬品で白い丸型の錠剤が特徴です。

    カブゴリンの効果
    カブゴリンの主成分であるカベルゴリンは、パーキンソン病の症状の改善や乳汁分泌などに関連するプロラクチンとうホルモンの過剰分泌を抑制するため、パーキンソン病や乳汁漏出症、高プロラクチン血性排卵障害、産褥性乳汁分泌抑制などの治療に使用されます。

    また、副作用として射精後の無力感を抑制や性欲の回復を向上させる効果や早漏の改善効果が期待できる可能性が有ります。

    ドーパミン受容体作動薬ですが、男性器へ血液を行き渡らせるPDE5阻害薬で知られるED治療薬の効果とは異なり、性欲障害を原因としたEDへ作用する働きが注目されています。

    ※ドーパミン濃度が向上するため、EDの改善効果を目的とした使用がお控ください。

    カブゴリンの成分量
    日本国内では0.25mg/1mgの2種類のみ処方されています。

    個人輸入を行っている当サイトでは0.5mgの購入が可能です。

    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    Cabergoline - Wikipedia

    服用方法・使用方法

    使用のタイミング
    1日1回朝食後に服用します。

    使用量の目安
    ・パーキンソン病の場合
    1週目:0.25mgを1回1錠
    2週目:0.25mgを1回2錠
    それ以降の症状により、1週間ごとに1日量として0.5mgずつ増量され、維持量が決められます。

    ・乳汁漏出症、高プロラクチン血性排卵障害の場合
    1週目:0.25mgを1回1錠
    それ以降の症状により、少なくとも2週間以上の間隔で1回量を1錠(0.25mg)ずつ増量され、維持量が決められます。

    いずれも必ず掛かり付けの医師の指示された服用方法に従ってください。

    中には効果を強く期待するために決められた使用量の2倍・3倍といった量を1度に使用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

    推奨用量
    症状に応じて、使用量の目安を基、掛かり付けの医師の指示に従ってください。

    カブゴリンを使用できない方
    ・ミノクソールの服用で過去に過敏症の既往歴のある方

    ・20歳未満の方

    ・麦角製剤に対し過敏症の既往歴のある方

    ・心エコー検査により、心臓弁尖肥厚、心臓弁可動制限及びこれらに伴う狭窄等の心臓弁膜の病変が確認された患者及びその既往のある方

    ・妊娠中毒症の方

    ・産褥期高血圧の方

    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    副作用

    主な副作用
    主な副作用は、幻覚・妄想・嘔気・ふらつき、食欲不振、興奮、息苦しさ、発疹、排尿障害・錯乱・失神などがあげられます。

    これらの副作用は過剰な使用によって起こるとされていますが、上記の異常が確認された際には直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

    併用禁止薬

    併用禁忌
    ・高血圧治療の医薬品

    など

    併用注意
    ・血圧降下剤
    ・ドパミン拮抗剤
    ・フェノチアジン系薬剤
    ・クロルプロマジン等
    ・ドパミン拮抗剤
    ・フェノチアジン系薬剤
    ・クロルプロマジン等
    ・ブチロフェノン系薬剤
    ・ハロペリドール等
    ・メトクロプラミド等
    ・マクロライド系抗生物質

    など

    参考サイト
    商品詳細のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    医療用医薬品 : カベルゴリン

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

    ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    メーカー

    発送国

    インド・シンガポール

    口コミ・レビュー

    まだ口コミはありません。

    口コミ・レビューを投稿する

    商品名
    満足度
    公開ニックネーム
    年齢
    口コミ・レビュー内容
    内容を確認する
    上へ
    %%REVIEW_SCRIPT%%