フリバン(性的欲求低下障害治療薬)
  • フリバン(性的欲求低下障害治療薬)

フリバン(性的欲求低下障害治療薬)

更新日:
特徴
フリバンは新たな女性の不感症の改善を目的として開発されたアディ(addyi)のジェネリック医薬品です。
女性の性欲を高める医薬品が市場で初めて登場したことで注目を集めています。
2015年10月に米国FDAから認可を受けたことで注目されているフリバンと同一成分が含まれた医薬品で、ピンク色の菱形の錠剤が特徴です。

効果
フリバンの主成分であるフリバンセリンは閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的とした医薬品です。
主成分のフリバンセリンを服用すると、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌を抑制し、快楽ホルモンのドーパミンの分泌を促進させることで性的欲求の低下を改善します。
フリバンセリン成分は、特に閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的とした有効成分であるため、媚薬的な効果は期待できません。

副作用
主な副作用は、眠気、吐き気、疲労感などがあげられます。

成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは100mgの購入が可能です。
  • 不感症 性的欲求低下障害治療薬

有効成分:フリバンセリン/ Flibanserin 100mg

ご注文

フリバン(性的欲求低下障害治療薬) 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
4錠
4,000
3,200(8001錠あたり
96
カゴに入れる
12錠
12,000
8,640(7201錠あたり
259
カゴに入れる
20錠
24,000
13,980(6991錠あたり
419
カゴに入れる

フリバン(性的欲求低下障害治療薬)を使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

フリバンの特徴
フリバンは新たな女性の不感症の改善を目的として開発されたアディ(addyi)のジェネリック医薬品です。

女性の性欲を高める医薬品が市場で初めて登場したことで注目を集めています。

抗うつ剤として治験をしていたところ、性欲改善が見受けられたことから副作用が転じ、女性の性的健康を改善させる効果が明確に示される世界初の性的欲求低下障害治療薬として認可を受けました。

2015年10月に米国FDAから認可を受けたことで注目されているフリバンと同一成分が含まれた医薬品で、ピンク色の菱形の錠剤が特徴です。

フリバンの効果
フリバンの主成分であるフリバンセリンは閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的とした医薬品です。

主成分のフリバンセリンを服用すると、脳内の神経伝達物質であるセロトニン受容体(5-HT1A受容体と5-HT2A受容体)に作用し、脳内の分泌を抑制し、快楽ホルモンのドーパミンの分泌を促進させます。

性的な興奮を減退させるセロトニンを5-HT1A受容体が低下させ、性的興奮を促すドーパミンを抑制する5-HT2A受容体に作用することで、ドーパミンを抑制する働きを阻害することでドーパミンの放出を促すため、性的欲求が刺激され、性的欲求の向上が期待できます。

従来のバイアグラ(シルデナフィル成分)などのED治療薬が血管を広げる医薬品であったのに対して、このフリバンセリンはメンタルを上げる性欲治療薬として使用されています。

フリバンセリン成分は、特に閉経が近い更年期女性の性的欲求の低下を改善することを目的とした有効成分であるため、媚薬的な効果は期待できません。

フリバンの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていませんが、個人輸入を行っている当サイトでは100mgの購入が可能です。

その他
フリバンセリンを28日間のうちに性行為や自慰行為など性的行為をして満足できた回数の頻度を比較したところ、プラセボ群では平均1.5回だったのに対して、フリバンセリン投与群では平均2.5回とプラセボの結果との有意な差が確認されたとの報告がされています。

服用方法・使用方法

服用のタイミング
フリバンは就寝前に服用するのが正しい飲み方です。

フリバンはバイアグラのように性交前に服用するものではなく、「その気」を高めていく医薬品であり、8週間ほどの長期の服用が前提となります。

抗うつ剤のように即効性はなく、また個人差が大きいという特徴があります。

1度服用した後、次に服用する場合は24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

※飲み忘れてしまった場合は、翌日の就寝時から通常通りのサイクルで服用を再開してください。

服用量の目安
1回の性行為で服用できるのは100mgまでとなっています。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
初めてフリバンの主成分であるフリバンセリンを含む医薬品を服用される場合は100mgの服用が推奨されています。

服用間隔を一定にすることで、成分濃度の推移が一定に保たれて薬の効き目が安定します。

アルコールの影響
フリバンの服用期間中にアルコールを摂取すると相互作用をおこす可能性があるため、飲酒を控えましょう。

フリバンを服用できない方
・フリバンセリンに過敏症がある方

・アルコールを摂取した状態の方

・閉経後の女性

・肝機能障害がある方

・未成年

・重度の肝機能障害のある方

・妊娠中の方

・授乳中の方

・妊娠の予定がある方

・母乳育児を計画している方

・アルコールや薬物乱用の病歴のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は眠気、吐き気、疲労感、眠気、口の渇き、不眠症などがあげられます。

また、腹痛や便秘、発疹などの副作用が確認されていますが、低頻度で一時的な場合が多く重要化することは稀ですが、フリバンを服用したことで身体の異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、フリバンと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・感染症の治療薬
(リトナビル、フルコナゾール、エリスロマイシン、テラプレビルなど)

・高血圧や心臓病の治療薬
(ジルチアゼム、ベラパミルなど)

・抗うつ薬、向精神薬

併用注意
併用注意薬は、フリバンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・うつ病など精神疾患の治療薬

・高血圧、低血圧の治療薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Flibanserin - Wikipedia

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール・インド

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ
%%REVIEW_SCRIPT%%