アンチフル(Antiflu) 75mg
  • アンチフル(Antiflu) 75mg

アンチフル(Antiflu) 75mg

更新日:
特徴
アンチフル(Antiflu)はシプラ社が開発したインフルエンザの治療・予防薬です。
タミフルのジェネリック医薬品で、白と黄色のカプセル型が特徴です。

効果
タミフルジェネリックの主成分であるオセルタミビルは、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないウイルス表面の酵素(ノイラミニダーゼ)と結合し、ウイルスの増殖が阻止されてインフルエンザの改善を得ることができます。
A型、B型のインフルエンザウイルスに適応があります。

副作用
主な副作用には、腹痛、下痢、吐き気、発疹などがあげられます。

成分
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは75mgが購入可能です。
  • A型
  • B型インフルエンザウイルス感染症

有効成分:オセルタミビル酸塩/Oseltamivir Phosphate 75mg

ご注文

アンチフル(Antiflu) 75mg 75mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
10錠
4,980
4,290(4291錠あたり
128
カゴに入れる
30錠
14,940
11,480(3821錠あたり
344
カゴに入れる
50錠
24,900
18,190(3631錠あたり
545
カゴに入れる

アンチフル(Antiflu) 75mgを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

タミフルジェネリックの特徴
タミフルジェネリックはシプラ社が開発したインフルエンザの治療・予防薬です。

タミフルのジェネリック医薬品で、白と黄色のカプセル型が特徴です。

タミフルジェネリックの効果
タミフルジェネリックの主成分であるオセルタミビルは、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないウイルス表面の酵素(ノイラミニダーゼ)と結合し、ウイルスの増殖が阻止されてインフルエンザの改善を得ることができます。

オセルタミビルはプロドラックであり、代謝により活性体に変換された後、抗ウイルス作用を示します。

A型、B型のインフルエンザウイルス、2009年に流行し当時新型とされたインフルエンザにも有効ですが、C型のインフルエンザには効果がありません。

インフルエンザは発熱、頭痛、筋肉・関節痛などの症状が急激に現れます。

通常3日~4日熱が続いた後回復に向かいますが、感染初期に服用することで症状の軽減や、治癒までの期間が1日~2日早くなります。

タミフルジェネリックの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは75mgの購入が可能です。

その他
主成分であるオセルタミビルは、中華料理で香辛料として使用されている八角から採取されるシキミ酸から、10回の科学反応を経て合成されています。

1996年に抗ウイルス薬を数多く手がけるアメリカの会社で開発され、日本では2001年2月に保険適用となりました。

2005年にはタミフルの全世界での使用量のうちおよそ75%を日本での使用が占めているというデータもあります。

タミフルジェネリックの関連ページ
インフルエンザ・風邪商品一覧
インフルエンザ・風邪

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
オセルタミビル - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

感染初期から服用することにより、症状が軽くなり、治癒までの時間も早まります。

服用量の目安
治療に用いる場合、1回75mgを1日2回、5日間服用します。

予防に用いる場合、1回75mgを1日1回、7~10日間服用します。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

タミフルジェネリックを服用できない方
・オセルタミビルの成分に対して過敏症の既往歴のある方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、腹痛、下痢、吐き気、発疹などがあげられます。

重大な副作用ですと、頻度は不明ですがショック、アナフィラキシー、肺炎などがあげられます。

異常を感じた場合はすぐに服用を中止してください。

警告
オセルタミビルの服用にあたっては、必要性を慎重に検討すること。

10歳以上の未成年の方においては、因果関係は不明であるものの、オセルタミビル服用後に異常行動を発現し、転落などの事故に至った例が報告されています。

このため、この年代の方には合併症、既往歴などからハイリスクであると判断される場合を覗いては原則としてオセルタミビルの服用をしないでください。

また、小児・未成年者については、万が一の事故を帽子するための予防的な対応として、オセルタミビルによる治療が開始された後は、異常行動の発現のおそれがあること、自宅において療養を行う場合は少なくとも2日間、保護者は小児・未成年者が1人にならないよう配慮してください。

なお、インフルエンザ脳炎などによっても、同様の症状が現れるとの報告があります。

インフルエンザウイルス感染症の予防の基本はワクチンによる予防であり、オセルタミビルの予防使用はワクチンによる予防に置き換わるものではありません。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
現在報告されておりません。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : タミフル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

インド

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ