ロゼレム
  • ロゼレム

ロゼレム

更新日:
特徴
ロゼレムは武田薬品工業が開発した不眠症の治療薬で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているロゼレムは、武田薬品工業社が製造・販売している正規品です。

効果
ロゼレムの主成分であるラメルテオンは、メラトニン受容体と結合し自然な形で睡眠へ導く薬です。
本来人間に備わっている睡眠リズムを整える向精神薬で安全性に優れています。

副作用
主な副作用は、めまい、頭痛、発疹、便秘、悪心、けん怠感などがあげられます。

成分量
日本国内においては8mgが処方されています。
当サイトでは8mgが購入可能です。
  • 睡眠障害

有効成分:ラメルテオン/Ramelteon 8mg

ご注文

ロゼレム 8mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
39,000
34,600(3461錠あたり
1,038
カゴに入れる

ロゼレムを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ロゼレムの特徴
ロゼレムは武田薬品工業が開発した不眠症の治療薬で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。

ロゼレムの効果
ロゼレムの主成分であるラメルテオンは、メラトニン受容体と結びつき、メラトニンと同じように働きます。

人間が夜に眠くなるのは、メラトニンというホルモンが体内時計に働きかけることにより、睡眠ホルモンと呼ばれています。

従来の睡眠薬は、脳の働きを抑えることで強制的に睡眠させる薬が多いですが、依存性があったり耐性がついたりします。

ロゼレムは服用することで体内時計を調整し、自然な形で睡眠へ導く効果があります。

そのため、服用後に効果が実感できるまでは時間がかかり、数週間から3ヵ月間かけて服用することで不眠症を治療することができる薬です。

不眠症の治療以外にも時差ボケの改善にも効果があります。

ロゼレムの成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。

個人輸入を行っている当サイトでは、8mgの購入が可能です。

その他
ロゼレムと同等の効果をもちながら、ロゼレムに比べてはるかに価格を抑えて購入することができるのでコストパフォーマンスに優れています。

ロゼレムの関連ページ
不眠症治療薬一覧
不眠症・睡眠薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ラメルテオン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
就寝前

服用量の目安
1回1錠8mgを服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量
成人には1回8mgを就寝直前に経口投与することが推奨されています。

服用して就寝後、一時的に起床して行動する予定がある際には服用しないでください。

食事の影響
食事と同時、もしくは食事直後にロゼレムを服用すると効果が弱まる恐れがあります。

アルコールの影響
注意力、集中力、反射運動能力などが低下する恐れがあるため、アルコールとの飲酒は避けてください。

ロゼレムを服用できない方
・ラルメテオンの成分に対する過敏症の既往歴のある方

・重度の肝臓機能障害のある方

・フルボキサミンマレイン酸塩を服用中の方

・妊娠または妊娠している可能性のある方、授乳中の方

・高度な肝機能障害のある方

・小児

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用は、めまい、頭痛、発疹、便秘、悪心、けん怠感などがあげられます。

重篤な症状
重篤な副作用として、アナフィラキシーが生じる恐れがあります。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、ロゼレムと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・フルボキサミンマレイン酸塩
ラメルテオンの最高血中濃度やAUCが上昇し、効果が強まる恐れがあります。

併用注意
併用注意薬は、ロゼレムと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・CYP1A2阻害剤、キノロン系抗菌薬
ロゼレムの効果が強まる恐れがあります。

・CYP2C9阻害剤、フルコナゾール
ロゼレムの効果が強まる恐れがあります。

・CYP3A4阻害剤、マクロライド系抗菌薬等、ケトコナゾール
ロゼレムの効果が強まる恐れがあります。

・CYP誘導剤、リファンピシン
ロゼレムの効果が弱まる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ロゼレム

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ