アレグラ
  • アレグラ
  • アレグラ
  • アレグラ

アレグラ

特徴
アレグラはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。
アレグラは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、うすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。当サイトが取り扱っているアレグラは、サノフィ社が製造・販売している正規品です。

効果
アレグラの主成分であるフェキソフェナジンは第2世代の抗ヒスタミン薬で、抗コリン作用(口の乾きや排尿障害など)が少なく、脳へ作用しにくいため眠気なども抑えながらアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和します。

副作用
主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。

成分量
日本国内においては30mg/60mgが処方されています。
当サイトでは120mg/180mgが購入可能です。
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 皮膚そう痒症
  • アトピー性皮膚炎

有効成分:フェキソフェナジン/Fexofenadine Hydrochloride 120mg・180mg

ご注文

アレグラ 120mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
20錠
1,500
1,350(671錠あたり
40
カゴに入れる
40錠
3,000
2,430(601錠あたり
72
カゴに入れる
60錠
4,500
3,240(541錠あたり
97
カゴに入れる

アレグラ 180mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
20錠
1,800
1,710(851錠あたり
51
カゴに入れる
40錠
3,600
3,080(771錠あたり
92
カゴに入れる
60錠
5,400
4,100(681錠あたり
123
カゴに入れる

商品詳細

アレグラの特徴
アレグラはサノフィ社が開発した、アレルギー性鼻炎の治療薬です。

アレグラは、花粉症などのアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)で、うすい桃色の楕円形の錠剤が特徴です。

アレグラの効果
アレグラの主成分であるフェキソフェナジンは花粉症などのアレルギー反応を引き起こす、ヒスタミンとH1受容体が結びつくことを阻害する作用によって、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの症状を緩和・抑制します。

アレグラが第2世代の抗ヒスタミン薬と称されるのは、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて即効性があり接続時間が長く副作用が少ないうえ、小児でも服用することができるからです。

また、口の乾きや排尿障害、脳へ作用することで起こる眠気なども抑えることができます。

アレグラの成分量
日本国内において、30mg/60mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでは120mg/180mgの購入が可能です。

その他
アレグラは従来の抗ヒスタミン薬と比べて眠くなりにくいため、自動車の運転する前など様々な場面での服用が可能ですが、症状の原因を治療する効果はないので注意が必要です。

アレグラの関連ページ
アトピー性皮膚炎の商品一覧
アトピー性皮膚炎

アレルギー性鼻炎の商品一覧
アレルギー性鼻炎

参考サイト
フェキソフェナジン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用方法のタイミング
アレグラは空腹時に服用するのが正しい飲み方です。

1度服用した後、次に服用する場合は24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

食後よりも空腹時の方がより効果を発揮するとされています。

服用量の目安
1日1錠の服用となります。

なお、症状によって用量は適宜増減します。

使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

推奨用量
推奨されている国内での認可量は60mgを2回です。

60mgを1日最大4錠までは服用可能とされていますが、小柄な日本人には60mgでも効果が期待できます。

180mgの有効成分を有しているアレグラは海外の大柄男性向きです

食事の影響
アレグラの主成分である、フェキソフェナジンは食後・食前の縛りを受けていません。

しかし、空腹時投与と食後投与を比較したデータでは、食後よりも空腹時の方がより効果を発揮すると考えられています。

アルコールの影響
アレグラはアルコールとの相互作用は報告されていないので、アレグラとアルコール・飲酒の飲み合わせは問題ないとされています。

しかし、薬とアルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

アレグラを使用できない方
・アレグラ成分フェキソフェナジンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。

頻度不明の重大な副作用として、アファフィラキシー、肝機能障害、無顆粒球症などがあげられます。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アレグラと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・水酸化アルミニウム

・水酸化マグネシウム

・エリスロマイシン

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アレグラ

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール・インド

口コミ・レビュー

  • ひゃくやさん(46歳)
    ずっと眠くなりにくい薬を探していたので、やっとアレグラで落ち着けました。頭痛とかの副作用も心配していましたが、特に問題なく使えたので、重宝しそうです。ちょっと心配していた車の運転も、眠気を感じる事無く普通に運転できました。花粉症の時期に薬を飲んで、車を運転できているのは久しぶりです。花粉症に悩む前以来なので、かなり嬉しいですね。これで家族にもこの時期家に引きこもらないで遠出させてあげられそうです。
  • さよりさん(28歳)
    アレルギー性鼻炎ってつらいですよねー。花粉にももちろん反応するけどホコリにも反応しちゃうんですよ。オフィスでの自分の席をちょっと片づけただけでホコリに反応してくしゃみが止まらなかったり。いままでずっと市販薬使っていたんですけど先輩に教えてもらったアレグラが一番効いたのでこれからはこれ一本にしぼります。
  • すみれさん(26歳)
    毎年春の花粉症に悩まされるワタシですが、マスクは少し息苦しくて正直取りたいくらいです。取っても大丈夫な薬はないかなと考えていたとき、友人が勧めてくれたアレグラを使ってからは、マスク無しで歩いても花粉症が出にくくなりました。花粉が舞う2週間前からの服用だと尚良いとのことで実際に私もその様に使ってみて、花粉症によるくしゃみや目の痒みが抑えられています。この薬のお陰でオシャレもマスク無しで楽しめています♪
  • ラクダさん(41歳)
    花粉の時期はかなりお世話になりました。 病院で処方してもらうものよりも効果がありました。
  • miwakoさん(30歳)
    花粉症の私には、なくてはならない薬です。薬を飲まなかったら、鼻水は止まらない。目も痒くなります。仕事中もずっとピーピーしているので周りに迷惑をかけるし、恥ずかしいしで嫌でした。そんな状態で仕事をしても、はかどらないですし・・・。けど、この薬に出会ってからは毎日快適に過ごすことができています!アレルギーの症状ってこんなに簡単に治まるんですね。いちいち、病院に行くのは面倒だったので、こちらのサイトで買えて良かったです。
全ての口コミ・レビューを見る

口コミ・レビューを投稿する

商品名
満足度
公開ニックネーム
年齢
口コミ・レビュー内容
内容を確認する
上へ