配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

尖圭コンジローマの症状と原因

尖圭コンジローマとは?

尖圭コンジローマとは? 尖圭コンジローマまたは、コンジロームとはウィルス(HPV)によって感染するウィルス性の性感染症(STD)となっています。
亀頭や陰茎、陰嚢、小陰唇、大陰唇、膣、会陰部、稀なケースでは口唇、口腔内に感染し、感染部位に乳頭状または鶏のトサカのようなイボができてしまいます。
イボに対して痒みや痛みを伴わないため自覚症状はありませんが、増殖し、治療を行っても転移・再発する事が多く、公衆浴場なども感染します。
良性の病変であることが多く、悪性化するケースは少ないと言われています。
潜伏期間が長く、通常の場合は2~3ヶ月ほどで症状が現われます。
あるいは6ヶ月ほど潜伏しているケースもあります。
感染のほとんどが性行為となっており、セックスはもちろんアナルセックスやオーラルセックスでも感染します。
また、性行為によらない場合でも皮膚や粘膜の小さい傷口から感染する事もあります。
少数例ではありますが、妊婦の方に感染してしまうと母子感染するケースがあります。

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの症状 尖圭コンジローマの症状は、男性であっても女性であっても似たような症状が現われます。
感染すると長くて3ヶ月ほどの潜伏期間を経過した後、感染部位に鶏のトサカあるいは乳頭状のイボが形成されます。
性器以外にも、その周辺部位または肛門、口に感染してしまった場合には、唇や口内などに症状が現われます。
形成されたイボには痛みなどを感じない事が多く、目で確認できない部位に出来てしまうと症状の発見が遅れてしまう事もあります。
また症状が進行していくと、次第にイボも大きくなり、数も増えていってしまいます。
男性の場合には、尖圭コンジローマに良く似た症状があり、陰茎に小さな白い点々ができる事もあり、フォアダイスという生理的な現象で起こることもあります。
他にも真珠様陰茎小丘疹と呼ばれる症状があり、亀頭の周辺に小さなブツブツしたものが出来る事があります。
フォアダイスと同様に生理的な現象なので害はありませんが、尖圭コンジローマの症状にも似ているので判断が難しくなる事もあります。
尖圭コンジローマは自然治癒する場合もありますが、治療としては感染部位の表面にできているイボを取り除く事しかできないので、再発の可能性が高い性病となっています。

尖圭コンジローマの原因

尖圭コンジローマの原因 尖圭コンジローマの原因となっているのは、HPV(ヒト乳頭腫/ヒトパピローマウィルス)というウィルスです。
HPVには100種類以上のタイプがあり、尖圭コンジローマになるのは、その中のローリスク型に分類されるHPV6型と11型となっています。
HPVは大きく分けると2種類に分ける事ができ、良性型であれば尖圭コンジローマの原因となり、悪性型になると子宮頸がんに関係があるとされており、ハイリスク型であるHPV16型、18型などがあります。
潜伏期間の平均が3ヶ月と言われており、感染している場合でも自覚症状を伴わない事が多いです。
ほとんどの場合、性行によって感染し、粘膜や皮膚の直接の接触を原因としているので、セックス以外にも感染することがあり、オーラルセックスあるいは素股などの行為であっても接触してしまうと感染の可能性は十分にあります。
また、感染してしまう可能性は低いですが、性行為以外の行為であってもバスタオルやお風呂の椅子でも感染してしまう事はあります。
小さな子供にも感染の可能性はあるので、十分な注意が必要となっています。

薬の種類

薬の種類 尖圭コンジローマの薬による治療には、DNAが生成されるのを阻害する効果のある抗がん剤で使われる5-FU軟膏やブレオS軟膏、あるいは抗ウィルス剤などの塗り薬を使用します。
ですが、どの薬も保険の適用がないため治療で使うには、ある程度の治療費が掛かってしまいます。
2007年にはベセルナクリーム(一般名:イミキモド)ジェネリック名:アルダラクリームが登場しており、尖圭コンジローマを効果・効能とする日本国内初の治療薬です。
こちらの薬であれば保険の適用範囲内なので自己負担額も抑える事ができます。
ベセルナクリーム5%の効果は、感染部位に塗り込む事で、自己免疫力を高める効果があり、ウィルスの増殖の抑制、感染している皮膚細胞を破壊し、尖圭コンジローマのイボを消失させる作用があります。
ただし注意が必要なのは、完全に体内から感染したウィルスを除去する事は難しいとされています。
薬を使った治療以外には外科的な治療もあり、液体窒素を使った凍結手術やレーザー光線蒸散手術、電気焼灼手術などがあります。
手術は保険の適用範囲内ですが、感染部位が広いと再発の可能性も高いので、薬も併用して治療を行っていきます。

薬の副作用

薬の副作用 保険の適用が効く治療薬であるベセルナクリーム5%にも副作用があるので、軽い症状から稀なケースにはなりますが、注意が必要な重篤な症状について説明します。
軽い症状として、ほとんどの人が塗り込んだ部分が赤く炎症を起こしたようになります。
これは、免疫を活性化させているので、こういった症状を伴いますが、薬が効いている証でもあり、イボが消失していく治癒の過程でもあるので、ある程度はやむを得ないです。
また、免疫の活性化と同時に感染した皮膚細胞を破壊していくので、人によっては炎症がひどくなってしまう事があり、ただれなどの症状が現われる場合があるので、石鹸などを使って薬剤を洗い流し、医師に相談してください。
稀なケースではありますが、発熱や悪寒、筋肉痛、関節の痛みなどのインフルエンザ様症状が出る事もあるので、このようなケースも同様に直ぐに医師に相談する必要があります。
女性の場合、膣の入り口付近に使用する際は、感染部位のみに慎重に塗布するようにしてください。
周辺に薬剤が付着してしまうと、浮腫みが生じたり疼痛が起こり、排尿困難になる事もあります。
排尿困難で辛い場合にも医師に相談するようにしてください。
TOPに戻る