口臭・歯周病
2019.05/27

たった1分で口臭改善!毎日「ある」うがい方法が効果的だった。

口臭は気付きにくい

口臭はデリケートな問題のため、人から指摘されて気が付くと言う人はあまり多くはありません。

つまり自己管理が非常に大切になってくるため、現在口臭で悩んでいる人、これから口臭を予防したいと思っている人に、効果的な予防方法と改善法を書かせていただきました。

これは実際に私が、妻に「あなたの口、なんだかドブの匂いがする、ゲロの匂いがする」と言われたことから始めた改善法で、今では口臭くなくなったよね。とお褒めの言葉をもらえるようになった成功事例ですので、効果に期待できる方法だと思います。

ではまず、何故口臭が臭くなるのか、そのメカニズムを知っておきましょう。

口臭の原因は局所的問題から発生する

口臭が臭う原因として、口内や喉が原因で発生する局所的な部分と、胃や臓器などに疾患を患っていることによる全体的な問題、2つに区分されます。

しかし健康診断や人間ドックなどで検査を行っても問題がないのにも関わらず、口臭が気になる人は局所的問題であり、実際に口臭で悩む方の8割は、前者である局所的問題だとされています。

・口内の局所的問題

  • 歯周病による問題
  • 虫歯の放置
  • 食べかすの残骸放置
  • 唾液の質・量が少ない
上記のような問題を抱えている場合、口内に嫌気性菌と言う細菌が在住しており、その菌が悪さをすることで口臭に影響しているとされます。

この嫌気性菌は食べかすなどをたんぱく質に変化させ、硫黄ガスを発生させます。
この硫黄ガスが口臭の原因となり、歯周ポケットや虫歯のくぼみに生息するため、1つでも「あれ?」と思い当たる節がある方は、以下で紹介するうがい方法を今日から実施してみてください。

また、内臓的な疾患が原因で口臭に問題がある場合には、問題である臓器の疾患を治療しなければ治ることがありません。
下水をイメージしてもらうと分かりやすいように、根本から臭いを出してしまっているため、専門医の治療を最優先に進めることで口臭も改善されます。

口臭を防ぐうがい方法

何故うがいが良いとされるのか?
それはうがいで口内を洗浄することにより、嫌気性菌の排除、食べかすの除去、硫黄ガスの発生を防ぐことができるためです。

ただうがいをするのではなく、4ステップに分けることで食べかすを排除したり、口内の洗浄に繋がるため、実施してみてください。

ブクブクうがい ・口の中で水をブクブクさせます。イメージとしては歯と歯の間にもしっかり水が行き渡っているようにブクブクして洗浄します。
ゴシゴシうがい ・舌の汚れを落とすだけで口臭が改善されます。舌を口内の上部にくっつけて、前後にゴシゴシとこするイメージです。
ガラガラうがい ・舌の中心部を洗浄するために、45度上を向いてうがいをします。あがってくる水が中心部に当たるイメージで行います。
アーオーうがい ・舌は勿論、喉に残っている食べかすを洗浄するために、上を向いて「アーオー」と声を出しながら、喉の奥まで洗浄するイメージです。
この4種類のうがいを各15秒ずつ行うだけの簡単な方法です。
また、できれば朝、昼、夜の食事後に行うだけで口臭を改善することに繋がります。

口臭を抑えるポイント

マメ知識になりますが、うがい以外でも口臭を抑えるポイントがあります。

口内問題で取り上げた唾液の質・量も口臭の原因となります。
唾液の量が少なすぎると、口臭の原因となる嫌気性菌が住みやすい環境になってしまいます。

唾液の量を増やすためには、口をたくさん動かして活性化させることが大切なので、ガムやするめなど噛み応えのあるものを選択して、積極的に噛むことで唾液の分泌量が増え、口臭の原因である嫌気性菌が住みにくくなります。

また、カフェインを含む緑茶やコーヒーは唾液の分泌を抑える働きがあるため、これらを飲んだ後にもうがいをすると非常に効果的です。

舌ブラシはNG

舌からも口臭の原因と聞くと、舌ブラシでゴシゴシやってしまいたくなりますよね。
でもこれ、実は絶対にやってはいけない方法の1つです。

舌にこびりついている汚れを落とすためにゴシゴシこすってしまうと、舌を痛めてしまうのはもちろん、汚れを舌の奥に押し込んでしまい、口臭が更にひどくなってしまう可能性があります。

舌の汚れが気になる場合には、ステップ2のゴシゴシうがいを意識して洗浄してみましょう!

また、舌に汚れが付きやすい乳製品(牛乳やヨーグルトなどは特に)の摂取を抑えてみても良いでしょう。

まとめとして

実際に私も胃が弱く、内臓的な問題かと思い込んでいましたが、まず手軽に始められるこのうがい方法を試してみたところ、一か月ほどで妻が気にならなくなるくらい改善することができました。

口臭に関しては、よほど親密な関係を築いていない限り、他人から指摘されることのない問題ですので、自分自身で自己管理能力を高めて、口が臭い。なんて言われないように心がけたいものです。

編集部コラム記事一覧

五十音順からハーブ・成分で探す

亜鉛

簡易詳細

亜鉛は人間の身体を形成している微量元素であり、その数はおよそ約60兆個にもなるといわれています。

その細胞の成分は水や、たんぱく質、脂質、炭水化物、そしてミネラルです。そのなかでも人間が生命活動を行ううえで欠かすことができないミネラル成分のことを必須ミネラルといい、亜鉛はその必須ミネラルの微量元素です。
亜鉛詳細へ

アミノ酸

簡易詳細

アミノ酸とは、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を有する有機化合物のことを指し、私たちの体を構成しているとても重要な栄養素の一つで、身体の約20%を占めているタンパク質をつくっているのがこのアミノ酸といわれています。
アミノ酸詳細へ

アルギニン

簡易詳細

アルギニンはアミノ酸の一種であり、体内で自然に生成することが可能なグルタミン酸から生成される非必須アミノ酸です。

しかし、成人に達していない乳幼児期・成長期である場合、この自然に生成される生産量のみでは足りずに不足しがちであることが多いので準必須アミノ酸と分類されます。
アルギニン詳細へ

アルファリポ酸

簡易詳細

αリポ酸はビタミン様物質として扱われていますがこれはビタミンではなく、
ビタミンの定義とは微量で体内で代謝に重油おな働きをするものの、体内では生成することができない、または生成できても不十分な量のため、食べ物などから摂取をしなければならない化合物です。
アルファリポ酸詳細へ

イチョウ葉

簡易詳細

イチョウとはおよそ2億5000年も昔から生息していたといわれており、恐竜が生息していた時代も然り、氷河期や間氷期にも多くの動物や食鬱が絶滅していくなかで、イチョウは姿、形をほとんど変えることなく成長をしていることから生きた化石と称されるほどの生命力を持っているのです。
イチョウ葉詳細へ

イノシトール

簡易詳細

イノシトールは体内ではグルコースから生成され、特徴としては甘みを持っているものの、他に甘みを持つ砂糖などの糖分とは異なり脂肪へ変換されずらいことにより、アルコールの一種として考えられています。
イノシトール詳細へ

カテキン

簡易詳細

カテキンとはポリフェノールの一種として知られていますが、ポリフェノールには様々な種類があり、カテキンはその中の一種でお茶に多く含まれている渋みや苦味の成分がこれにあたります。
カテキン詳細へ

カルシウム

簡易詳細

ヒトの体内でもっとも多く存在しているミネラルこそがカルシウムで、成人の体重の1.5%といわれており、体内に存在するカルシウムのうち99%は骨や歯の構成成分となり、残りの1%で筋肉などの神経組織や、血液中に存在します。
カルシウム詳細へ

コリン

簡易詳細

細胞膜を形成する際に主となる成分であったり、細胞と細胞を結びつける役割をもっていたりなどと非常に大切な栄養素の1つです。
コリン詳細へ

シナモン

簡易詳細

抗菌作用や自律神経作用に働きかける、や血行の流れを良くする効果に働きかける作用があるといわれており、また血液中の脂質や糖質を減少させる効果があるといわれています。
シナモン詳細へ

タウリン

簡易詳細

タウリンには体温、血圧、そして各臓器などにある細胞を一定に保つ働きを持つホメオスタシス作用があり、血圧やコレステロール、また血糖値などの基準値が高い方、他にも身体のむくみが取れないという方はこのタウリンが不足している可能性があります。
タウリン詳細へ

テストステロン

簡易詳細

性欲生殖器の発育へ直接影響を与えることにより、筋肉や骨格の形成や、髭などの体毛などの成長を促すといわれており、男性の成熟期となる思春期にこのテストステロンによる兆候が見られます。
テストステロン詳細へ

ノコギリヤシ

簡易詳細

秋から冬にかけてオリーブほどの大きさになる赤黒い果実を実らせ、その果実からは男性の強壮、利尿、鎮静効果があるという民間君薬として長年使用されていました。
ノコギリヤシ詳細へ

ハイドロキノン

簡易詳細

シミの原因物質であるメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、またメラニン色素を生成する細胞であるメラノサイト自体を減少させる働きがあります。

これにより、美白効果から、肌の漂白剤とこのハイドロキノンは称されているのですが、美白にはビタミンCが昔から効果があるということで有名でしたが、このハイドロキノンはなんとこのビタミンCの10~100倍もの美白作用があるといわれています。
ハイドロキノン詳細へ

プラセンタ

簡易詳細

近年、サプリメント・美容液等などの化粧品に配合されている主な機能性成分としてこのプラセンタは注目を集めている成分です。

しかし、プラセンタを生体内でホルモン分泌の調整をする役割があるとことからホルモン剤と同じものであるという勘違いをされてることが多いのですが、ホルモン剤とは異なります。
プラセンタ詳細へ

マグネシウム

簡易詳細

マグネシウムとは、約300種類以上の酵素の働きを助ける効果を持つミネラル<です。

体内では常に生合成や代謝ということが行われているわけですが、その働きにはこの成分が必要不可欠です。

植物が光合成をおこなう際には葉緑素(クロロフィル)といった物質の一部でもあり、人にも植物にもとても大切な栄養素です。
マグネシウム詳細へ

メラトニン

簡易詳細

現代人の大敵『睡眠障害』ですが、不眠症でいうと厚生労働省の調査の結果、5人に1人が不眠症であると発表されています。

つまり、日本人の約20%は不眠症なのだそうです。

睡眠は非常に心身ともにとても重要です。健康には決して欠かすことができないものであり、睡眠をしっかりとることで免疫力を高める役割もあることが報告されています。
メラトニン詳細へ

葉酸

簡易詳細

細胞を増殖させるためのDNAやRNAといった働きを持つ一方で細胞分裂やその発育に必要とされているのが葉酸です。

妊娠を希望する女性や妊娠期の女性は積極的にこの葉酸を摂取すると良いといわれています。
葉酸詳細へ

ヨウ素

簡易詳細

ヨウ素とは別名ヨードと称される甲状腺ホルモンの主原料なのですが、この甲状腺ホルモンとは新陳代謝の働きを促進させたり、成長期である子どもの成長ホルモンの成長効果に促進する働き掛ける効果を持つ、身体にはとても重要なミネラルです。
ヨウ素詳細へ

レスベラトロール

簡易詳細

レスベラトロールとは、サンタベリーやぶどうなどの中に多く含まれている「ポリフェノール」の一種となっています。

ポリフェノールrは抗酸化力が強く、香料や色素としても利用される植物の総称となっています。
レスベラトロール詳細へ

ワカメ

簡易詳細

私たちがよく食べているのはワカメの葉の部分であり、さらに栄養価が高いとされているのが根元の部分の「メカブ」です。
生殖細胞が集まっている部分に当たるので、葉よりも栄養が詰まっているとされます。

ワカメを食品として食べている国は非常に少なく、日本か朝鮮半島のみとされています。
お隣の国「韓国」では国民1人あたりのワカメの年間消費量は、日本の3倍とも言われています。
ワカメ詳細へ