配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

クラミジアの症状と原因

クラミジアとは?

クラミジアとは? クラミジア性感染症とは、性行為によって感染する性感染症(STD)となっています。
性行為はセックス(性器)を含め、アナルセックス(直腸や肛門)やオーラルセックス(咽頭)などでも感染者の粘膜や精液や膣分泌液に直接接触することで感染してしまいます。
女性、男性と関係なく、不妊症の関連性があると指摘されている病気でもあります。
また年齢に関係なく感染しますが、多い世代として10代から20代に感染が多いと言われ、日本国内の感染者数も100万人を超えると言われています。
クラミジア以外にも多くの性病が存在しますが、クラミジアは感染者の人数が最も多いと言われ、自覚症状を伴いにくく、症状を放置してしまう傾向にあります。
性器以外にも咽頭(ノド)にも細菌は住み着き、咽頭に炎症などを引き起こします。
もともとは原因菌であるクラミジア・トラコマティスは眼科領域で有名な細菌として知られており、封入体性結膜炎やトラコーマの原因となっていました。
日本では水道などの環境が整備され、日常生活で使用する水も綺麗になったため、目に症状が出なくなりました。
ですが、性器には依然、細菌が住み着いており、感染率がナンバーワンとなっています。

クラミジアの症状

クラミジアの症状の特徴として、男女共に症状がほとんどでない事が特徴となっています。
そのため、感染したまま性行為を行ってしまい、パートナーまたはパートナーが変わるごとに感染を拡げてしまう可能性と危険性があります。
細菌は男性の場合、尿道に感染するため、尿道に違和感や痒みを感じたり、排尿時に痛みや尿と一緒に膿が排泄される事があります。
女性の場合には、子宮頸管に感染するので、子宮頸管炎を起こすと、おりものが増えてきたり、不正出血などが見られるようになります。
また尿道や膀胱に細菌が入ってしまうと、頻尿になってしまったり、排尿時に痛みを感じるようになり、膀胱炎の症状を引き起こす事があります。
お腹まで炎症が拡がってしまう事で下腹部に痛みを感じたり、発熱などの症状を伴う事があります。
場合によっては、肝臓まで細菌が拡がってしまう事もあり、症状として右の肋骨の下あたりに痛みが現われます。
炎症が卵管まで拡がってしまう事で卵管炎になってしまい、卵管閉塞の原因にもなり、子宮外妊娠や卵管性の不妊症になるリスクが高まってしまいます。
クラミジアの症状

クラミジアの原因

クラミジアの原因 クラミジアの原因となっているのは、クラミジア・トラコマティスという菌が原因となっています。
直径が0.2~0.3ミクロン程の大きさであり、細菌の仲間となっています。
男性であれば尿道、女性であれば子宮頸管に感染します。
また共通して咽頭(ノド)にも感染します。
基本的にはペットボトルやコップの飲み回しや使い回しによって感染する事はなく、トイレの便座やお風呂などでも感染する事はありません。
あくまでも、感染者の粘膜や粘液に直接触れる事で感染します。
また性器から出る分泌液が目に入ってしまうと、激しい痛みを伴う結膜炎を起こすこともあります。
感染に対して無自覚な事も多く、男性の感染者の約50~60パーセントの人は感染に気付かず、女性は約80パーセントの人が感染に対して無自覚であり、結果、何年もの間、症状を放置してしまう事が多くなっています。
早期発見または感染の蔓延に対しての対策は病院での定期的な検査のみとなっています。

薬の種類

薬の種類 クラミジアの原因となっているのはクラミジア・トラコマティスのため治療に用いられる薬は抗生物質となっています。
クラミジア薬の抗生物質にも種類があり、大きく分けると3種類になります。

・マクロライド系抗菌薬
この種類はクラミジアの菌の増殖を防ぐ効果があり、クラリシッド(一般名:クラリスロマイシン)やアジスロマイシンがあります。

・ニューキノロン系抗菌薬
こちらの種類には菌を殺す殺菌効果があり、トスキサシン(一般名:トスフロキサシントシル酸塩水和物)ガチフロ(一般名:ガチフロキサシン水和物)クラビット(一般名:レボフロキサシン水和物)などがあります。

・テトラサイクリン系抗菌薬
マクロライド系と同様に菌の増殖を防ぐ効果があり、ビブラマイシン(一般名:ドキシサイクリン塩酸塩水和物)ミノマイシン(一般名:ミノサイクリン塩酸塩)があります。
上記に紹介した中でも、画期的な薬と言われているのが、ジスロマック(一般名:アジスロマイシン水和物)と言う薬です。

他の薬は一定期間飲み続けたり、服用の回数が多く、自己判断での服用中止や飲み忘れの原因になりやすいですが、ジスロマックであれば1回のみの服用でよく、効果も1週間持続してくれます。
また1週間の間にクラミジアが治癒する確率も90パーセントを超えると言われています。

薬の副作用

薬の副作用 クラミジア治療の画期的な薬として紹介したジスロマックの副作用について説明します。
軽い副作用の症状として、下痢や吐き気、ノドの腫れなどの症状が報告されています。
また下痢の症状は多くの人に出る症状となっています。
副作用は1週間程度持続し、効果が効いている間は副作用も続きます。
下痢止めなどの薬もありますが、自己判断ではなく医師に相談して対処の方法を指示してもらうようにして下さい。
他の症状として蕁麻疹や痒みを引き起こす事もあります。
また、発症の確立も極めて稀ですが、重篤な副作用もあり、黄疸や肝炎、肝機能に障害が起こる事もあります。
顆粒球減少や白血球減少、血小板減少、他にも横紋筋融解症などの症状が現われる事もあります。
重篤な症状の発症する確率は稀ですが、初期症状として念のために注意はして下さい。
妊娠中の方でも服用できる薬となっているので、安全性も高い薬となっています。
TOPに戻る