配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

子宮頸管炎の症状と原因

子宮頸管炎とは?

子宮頸管炎とは? 子宮頸管炎とは、何かしらの細菌に感染をしてしまい子宮頸管内の粘膜に炎症を起こしてしまうことです。
また子宮頸管炎が単独で発症することは珍しく、膣炎などを起こし上行性感染(症状が上の方に拡がること)から発症すると言われています。
痛みや痒みなどの症状を伴うことは少なく、おりもの(帯下)や下腹部に痛みを感じるのが主な症状となります。
慢性化することもあり、他の病気の併発も考えられ、悪化してしまうと不妊症の原因になってしまうこともあります。
女性の半数以上が子宮頸管炎に掛かったことがあると言われ、出産の経験がある人の60%以上に認められる症状でもあります。
従来まで起炎菌として考えられていたのは、クラミジアや淋病などの性感染症(STD)によるものが多いと考えられていましたが、最近では、膣トリコモナスやヘルペスまたは膣内に存在している大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などによって起こることも増えてきています。

子宮頸管炎の症状

子宮頸管炎の症状 子宮頸管炎の症状は、急性の場合と慢性の場合の2種類に分けられます。
急性の場合には、頸管腺から粘液の分泌が増え、黄色や白色あるいは黄緑色の粘りのある膿のような帯下(おりもの)が出ます。
症状が進行していくにつれて発熱を伴うケースもあり、下腹部に痛みが出たり、腰痛の症状が現われます。
慢性化してしまうと、炎症が持続的にあり頸管腺からの粘液の分泌量が増えます。
頸管腺自体の組織も増殖し、子宮頚部が肥大してしまいます。
それにより、粘り気の強い黄白色の帯下(おりもの)が長く続きます。
炎症が拡がっている場合には周囲に炎症が生じ、腰痛、性行為中の痛みを感じてしまうこともあります。
また合併症を起こしてしまうこともあり、治療を行わずに症状を放置してしまうことで、膣内に炎症が拡がり、尿道炎・子宮内膜炎・腹膜炎(骨盤に拡がってしまった場合には骨盤腹膜炎)・子宮付属器炎・子宮結合織炎を引き起こしてしまい、不妊症の原因になってしまうことがあります。

子宮頸管炎の原因

子宮頸管炎の原因 子宮頸管炎は、様々な菌が原因となり引き起こされてしまいますが、多くの原因となっているのは性感染症であるクラミジアの感染によるものと言われています。
子宮頸管にクラミジアが感染し、7日~21日ほどで子宮頸管炎となります。
クラミジアが原因となってしまっているのは、女性は特に自覚症状が殆どないため(感染した女性の約80%ほど)感染に気付かないまま放置してしまうことが多く、膣内での感染が拡がってしまうことが原因と言われています。
他に外因として、出産時に傷口からの細菌感染や中絶の手術によって傷口から感染、避妊のために使用する子宮内に長い期間挿入するIUD(子宮内避妊具)による感染が考えられます。
クラミジアによるものであれば、PID(子宮や骨盤内の炎症)が起き深刻な問題になることもありますので、早期の治療が必要となります。

薬の種類

薬の種類 子宮頸管炎の治療薬は、原因となっている細菌に対して有効な抗生物質あるいは抗菌薬、または抗炎症薬を用いて治療を行います。
内服薬以外にも膣内に直接入れる膣座薬などを用いることもあります。
慢性化してしまっている時には、薬による治療は効果があまりなく、治癒しにくくなるので炎症を起こしてしまっている部位をレーザーや電気を使って焼く高周波療法と呼ばれる方法や凍結させ凝固させる冷凍療法の方法によって治療を行います。
症状が重症化している場合には、炎症部位を切除する手術を行うことがあります。
クラミジアによる症状の発症が多いので抗菌薬あるいは抗生物質は、クラミジアのものを紹介します。
ジスロマック(一般名:アジスロマイシン水和物)
クラミジアの原因菌を殺菌する作用があり、他にも様々な細菌が原因となっている病気に用いられることもある薬です。
マクロライド系に含まれる抗生物質であり、服用してから胃酸の影響を受けないので体内への吸収が良いとされています。
また感染部位に対しては高濃度で作用するため、1日1回の服用を3日間続けることで1~2週間効果を持続することができます。
クラビット(一般名:レボフロキサシン水和物)
ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーを持っている方でも使用ができる抗菌薬となります。
ジスロマックと同様に細菌を殺菌する効果がありますが、3種類の錠剤があり、250㎎・500㎎・1000㎎があり、服用回数は250㎎が1日2~3回、その他は1日1回の服用となります。

薬の副作用

薬の副作用 子宮頸管炎の治療を行うにあたって使用する抗生物質や抗菌薬にも副作用があります。
服用することで起こりやすい副作用の症状や稀なケースですが、重篤な副作用の前兆となる症状もあるので、万が一に備えておく必要があります。
はじめに抗生物質であるジスロマックの副作用は、胃腸に症状が現われやすいとされています。
主に下痢・腹痛・吐き気・嘔吐・軟便などが挙げられます。
水ぶくれや口の中がただれて発熱、目の充血などの症状が現われた場合には重篤な症状の前兆となる可能性があるので医師への相談が必要となります。
この他にも症状はあり、ジスロマックは長期間作用することから服用終了後に突然、副作用が現われることもあるので注意が必要です。
次にクラビットですが、副作用は比較的少ないとされています。
主に下痢・発疹などの症状が出る場合があり、症状が長く続く場合には、医師への相談が必要となります。
また、ニューキノロン系の薬は光線過敏症を起こしやすく、日光にあたると肌が発赤したり、ひどい時では水ぶくれになることもあるので、特に皮膚の弱い方は肌の露出を控え、直射日光は避けるように心がけて下さい。
その他の軽い症状として、眩暈(めまい)・眠気・頭痛などの症状が挙げられます。
特異な副作用であり稀なケースですが、痙攣とアキレス腱障害が起こることがあるので、そういった症状にも注意が必要です。
TOPに戻る