配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
個人輸入医薬品
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

カンジタ症の症状と原因

カンジタ症とは?

カンジタ症とは? カンジタ症(酵母感染・モニリア症と呼ばれることも)とは、性感染症ではなくカンジタというカビ(真菌)が性器に感染してしまうことで起こる感染症です。
男性と女性を比較すると女性の方が感染率が高く、男性は性器が身体の外に露出していることから通気性が女性に比べ良いので菌が感染あるいは増殖する環境が整っていないため感染しにくいと言われています。
ですが、包茎の方は感染率が多少上がります。
女性にはとてもポピュラーな症状であり、性行為を行ったことがない未経験者でも自発してしまうことがあります。
また健康な方でも体調不良・ストレス・疲労・寝不足などが続き免疫が低下してしまっていると、菌が繁殖してしまい日和見感染し症状が現われたり、クラミジアや淋病などの性病の治療のために抗生物質の服用をした後に症状が現われてしまうことがあります。

カンジタ症の症状

カンジタ症の症状 カンジタ症の症状は男性と女性で少し異なり、共通して口の中に感染を起こすことがあります。
男性は、性器(陰茎)にカンジタの菌を保有している場合でも症状が殆ど出ないこともあります。
感染の要因は陰茎の通気性を悪くしてしまっている包茎が、原因である場合や糖尿病などによって症状が現われます。
・陰茎の亀頭の部分に痒みやただれ
・亀頭が発赤し白いカスが出るようになる
・亀頭包皮炎(小さな水泡ができる)
・稀なケースではありますが、尿道炎を起こしてしまうことがあります。

女性は、膣や外陰部(小陰唇・大陰唇・膣前庭・クリトリス・処女膜)の両方同時に症状が現われるケースが多く、膣カンジタ症と呼ばれることもあります。
・ヨーグルトのようなおりものが増える
・膣または外陰部に痒み
・膣に炎症をお越し痛みが現われる
・性行為時の痛み
・排尿に障害
などの症状が現われ、外陰炎を起こします。
女性の20%が経験するとも言われており、特有の症状でもあります。
免疫力の低下や妊娠、抗生物質の使用によって症状が現われてしまったり、再発を繰り返してしまうこともあります。
また、口腔内に感染した場合には、カンジタ性口内炎や口腔カンジタ症を起こしてしまいます。

カンジタ症の原因

カンジタ症の原因 カンジタ症の原因となっているのは、カンジタ・アルビカンスをはじめとして複数種類のカンジタ属に含まれる真菌(カビの1種)が原因となり引き起こされる症状です。
カンジタの菌は健康的な方の身体に常在している常在菌あり、皮膚または腸管、女性器周辺に存在しています。
そのため、誰でも感染してしまう可能性があり、女性器感染症の中でも非常によく見られる症状となります。
カンジタ症の発症あるいは再発の要因として、
・ストレスや疲労、寝不足、風邪などの体調不良による免疫力の低下
・ホルモンバランスの乱れ(生理前後)
・他の病気の治療のために服用した抗生物質
・性行為などの性的な接触
・妊娠
・補正下着やガードルなどの締め付けが強い下着の着用(通気性が悪い所を好むため)
などの要因から発症・再発を起こすことがあります。

薬の種類

薬の種類 カンジタ症の治療薬は、内服薬と外用薬の2種類があり、内服薬は多くの真菌に効果があると言われているトリアゾール系に分類される薬が第一選択となり、外用薬は抗菌力のあるイミダゾール系に分類されるものが治療の第一選択になります。
トリアゾール系の薬には、
ジフルカン(一般名:フルコナゾール)
イトリゾール(一般名:イトラコナゾール)
フロリードゲル(一般名:ミコナゾール)
などがあり、副作用も比較的少なく安全に使用することが出来ますが、他の治療薬との併用で効果に影響が出てしまう場合があるので注意が必要となります。

外用薬であるイミダゾール系には、
ニゾラール(一般名:ケトコナゾール)
ニゾラールクリーム(一般名:ケトコナゾール)
エンペシド(一般名:クロトリマゾール)
アトラント(一般名:ネチコナゾール塩酸塩)
アスタット(一般名:ラノコナゾール)
ルリコン(一般名:ルリコナゾール)
などの軟膏タイプやクリーム、液状のものがあります。
軟膏やクリームは液状のものと比べて刺激が少ないのでお勧めです。
治療期間には症状に応じて個人差がありますが、完全に治癒するまでに10日前後かかると言われています。
また治療開始から4日目ほどで自覚症状がなくなりますが、完治しているわけではないので自己判断での薬の使用中止は再発の原因に繋がる事もあるので、完全に治癒するまでは治療を続けるようにして下さい。

薬の副作用

薬の副作用 どんな病気の治療薬にも必ず副作用はあります。
治療をはじめる前に薬の副作用の知識をおさえておく必要があり、急な症状の変化にも対応でき併用禁止薬などもあるので危険を回避することも可能になります。
カンジタ症の治療薬で紹介したトリアゾール系の薬の副作用は、
・消化器系への症状
吐き気や下痢、腹痛、食欲不振などの症状が現われることがあります。
・皮膚への症状
痒みまたは発疹などが出る場合があります。
・肝機能障害
黄疸や倦怠感、発熱、食欲不振などの症状が長期間続いてしまう場合には医師への相談が必要となります。
外用薬であるイミダゾール系の薬の副作用には皮膚に起こるものが多く、
・痒み
・発赤
・水疱
・皮膚炎
などがあり、体内に直接取り込む薬ではないので副作用も少なく、全身に使用する薬ではなく症状が現われている部位に塗布するので、副作用の発現も塗布した部位に限られることがほとんどとなります。
重篤なケースに発展してしまうことも非常に稀なケースであり、皮膚に症状が出ても使用を中止することで自然に改善されます。
TOPに戻る